いつも陽気な双子の「タック」と「ロール」。一見すると、全く同じ姿かたちをしていますが、実ははっきりした見分け方が存在します。また、普段は何を喋っているのか分からない彼らですが、作中には唯一聞き取れるセリフが。

当記事では、それらに加えTDLの出演に関しても詳しく解説しているので、気になる方はどうぞ寄ってってください。

見ていて楽しい「タック」と「ロール」

(C)1998Disney/Pixar.All Rights Reserves.

『バグズ・ライフ』(1998)がスクリーンデビューとなる双子の「タック」「ロール」は、ハンガリー出身のとっても愉快なダンゴムシ。(どちらが兄か弟は不明、見分け方は後述。)常に笑っているのが印象的な見ていて飽きないキャラクターです。

作中では、サーカス団の一員として登場しており、肩車(作中だとタックが上)や互いにどつき合ったりする笑い芸などを得意とします。

声優は、英語版はマイケル・マクシェイン、日本語吹替版は水野龍司。

「お前、クビ!」が唯一のセリフ

作中、タックとロールは、母国語のハンガリー語を喋っているため、基本的に何を言っているのか全く分かりません。ただ、唯一聞き取ることができるセリフを一言だけ放っており、それが「お前、クビ!(You Fired!)」です。

このセリフは、作中ちょうどサーカスに失敗してクビになって団員たちが、パブで一緒に飲み明かすシーンで耳にすることができます。そこで、タックとロールは面白半分に「お前クビ!」、「お前クビ!」と叫んでいます。


“眉”が見分けポイント

タックとロールは、双子だけあって見た目が非常によく似ています。特に初めて見た方だと、両者に違いなどないのでは?と思うのが自然です。筆者もその口です。

ですが、両者の“眉”に注目してみてください。片方の眉は繋がっており、もう片方の眉は分かれていることに気づくはずです。

そう、この眉が繋がっているか否かが、タックとロールの唯一の見分け方となり、眉が繋がっているのがロール、眉が離れているのがタックとなります。

1度知れば判断は簡単なので、気になった方は再度映画で確認してみてください。

過去にはTDLにも登場!

タックとロールは、過去に東京ディズニーランドの出演経験もあります。

出演の際には、映画同様に両者セットで登場し、主に「ディズニー・オン・パレード:100 イヤーズ・オブ・マジック」(2002)や「東京ディズニーランド・エレクトリカル・パレード・ドリームライツ」(2001)といったパレードでその姿を披露しています。

残念ながら、現在ではその姿は見られなくなっていますが、もしかしたら今後『バグズ・ライフ』に関する何か特別なイベントが実施されることで、再び登場しないとも限りません。

まとめ

タックとロールは、見ていてとっても楽しいキャラクターです。個人的には、『バグズ・ライフ』の中で一番好きなキャラクターかもしれません。動作の一々が面白いです。
あと、見分け方は、眉が繋がっているのがロール、繋がっていないのがタックです。

 


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です