ディズニーリゾートのパークチケットは前売り券として購入できますが、前売り券だと値段が安くなるのか?

当記事では、ディズリゾートの前売り券の値段や種類について詳しく解説しています。前売り券を購入してディズニーランドもしくはシーに行こうと考えている方は、どうぞ寄ってってください。

前売りチケットは2種類 売り切れの心配はなし

ディズニーリゾートにおいて、前売り券に相当するパークチケットは、「オープン券」と「日付指定券」の2種類となります。

オープン券は、購入日から1年以内であればいつでも使用できる1日券です。ただし、パーク内があまりに混雑して入場制限が掛かってしまうとパークに入れない場合があるので、注意しましょう。

日付指定券は、文字通り指定した日付のみにパークへ入場できるパークチケットです。3か月前から購入ができ、入場制限関係なく確実にパークへ入れるのが特徴です。かつては日付指定券でしか入場できない日を設ける場合もあったので、今後の復活に期待しましょう。

また、仮に指定日にパーク行けなかったとしても手数料200円を払うことで、有効期限内に再度日付を決めて使用すること可能です。

どちらの券にも共通するメリットとしては、前売り券を持参していけば、当日わざわざ並んでチケットを購入する必要がないため、時間短縮につながることがあげられます。

原則として日付指定券も含めチケットが売り切れることはありません。公式サイト(→「ディズニーリゾート」)にもはっきりと明記されています。ですから、前日ギリギリでの購入でもパークチケットは確実に購入できます。

パークチケットは前売り券で安くなることはない!

まず、結論から先に言ってしまえば、原則ディズニーリゾートのパークチケットは前売り券だからといって安くなることはありません!

現状、ディズニーリゾートでは、パークチケットの割引はいくつか用意されてはいるものの、新幹線や飛行機のように早めにチケットを手配することで安くなるといった、いわゆる早割サービスは一切用意されていません。

したがって、パークチケットの値段を少しでも安く購入したいと考えているのであれば、別の割引サービスを検討しましょう。

前売りチケットの値段・購入方法は公式サイトで

先にも述べたように前売り券だからといってといってパークチケットが安くなることはありません。必然的に前売り券と当日券の値段は全く同じになります。

チケットの種類・値段については、公式サイト(→「ディズニーリゾート・チケット案内」)で確認するのが一番手っ取り早くて確実です。特に近年はチケットの値上がりが顕著のため、ブログ紹介記事だと情報が古く値段が違う場合があるので注意が必要です。

公式サイトでは、チケットの購入方法についても詳しく説明しています。ちなみにコンビニやみどりの窓口での購入も可能です。自分にあった購入方法を見つけましょう。


まとめ

・ディズニーリゾートのチケットは、前売りで購入したとしても安くなることはない。

・前売り券は、「パーク券」、「日付指定券」の2種類。

・チケットの値段や購入方法は公式サイトで確認するのが1番。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です