ディズニープリンセス・ジャスミンのペットで有名なトラの「ラジャー」。実は『アラジン』では、ラジャー自身が隠れミッキーになったシーンも用意されています。当記事では、それらを踏まえ「ラジャー」について詳しく解説しています。また、ラジャーのグッズについても少し触れているので、そちらを気になる方もぜひ寄ってってください。

ジャスミンのペット「ラジャー」

「ラジャー」は、ディズニー映画『アラジン』(1992)においてスクリーンデビューしたトラのキャラクター。普段はジャスミンのペット兼ボディガード役として、ともに暮らしています。ちなみにオス。

基本的にジャスミン以外の人の言うことを聞くことはなく、少しでも怪しい奴がいると容赦なく襲い掛かります。逆にジャスミンに対しては首ったけで甘えるそぶりもよく見せます。
また、『アラジン』の続編にあたるビデオ作品『ジャファーの逆襲』(1994)、『アラジン完結編』(1996)にも登場しますが出番は少なめ。

声優は、英語版、日本語吹替版ともにフランク・ウェルカーが演じています。

フランク・ウェルカーは、「Voice Acting God(声優神)」と称されるレジェンド。恐らくその業界で知らぬ者はいないでしょう。ラジャーの他にも、アブーや洞窟のトラと1人3役を担当しています。うーん、まさにレジェンド。

ラジャーが隠れミッキーに!?

『アラジン』でラジャーは、ジャファーの魔法によって“子トラ”に変えられてしまいますが、アラジンの活躍の甲斐もあって、その後無事に元の姿に戻ります。そして、ラジャーの隠れミッキー姿を目にすることができるのは、ラジャーが元の姿に戻るまさにその一瞬!ちょうど、ラジャーの耳と顔がミッキーになっています。

筆者も確認しましたが、本当に一瞬でした!超スローで確認しましょう!ちなみにこの隠れミッキーに関しては、DVDの音声解説で説明がなされています。その他についても詳しく解説しているので、気になる方はぜひ。


グッズは?

数はかなり限られますが、ラジャーのグッズも少なからず販売されいます。また、ぬいぐるみに関しては、ほぼ品切れ状態となっており、まれにAmazonなど新品が販売されている程度です。ただ、値段もそれ相応です。ネットオークションの活用も視野に入れたほうがよさそうです。

まとめ

ラジャーは、ジャスミンの魅力をより引き立たせる意味でも重要なキャラクターといえます。事実、音声解説では、アラジンにアブー、ジャファーにラジャーをつけたことで、作品がさらに良くなったとの説明がなされています。出番は決して多くはありませんが、ラジャーに目を向けことで、また新たな発見があるかもしれません。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です