ディズニー映画『リトルマーメイド』の主人公アリエルには6人の姉がいます。さらに、姉たちにはで名前が付けられており、また尾の色も違います。

当記事では、その6人の姉の名前や尾の色の違いについて説明しています。また、尾の色には意外な事実も判明していますので、気になる方はどうぞ寄ってってください。

アリエルは七姉妹の末っ子

アリエルの父トリトン王と母アテナ間には、アリエルを含め7人の娘がいます。そして、アリエルはその七姉妹の一番の末っ子となります。

上から順に長女アティーナ、次女アラーナ、三女アデーラ、四女アクアータ、五女アリスタ、六女アンドリーナ、そして七女のアリエルです。

『リトルマーメイド』では、冒頭で姉妹らが一緒になって歌う(「トリトンの娘たち」)シーンがあることからも、比較的仲がよいことが伺えます。

共通点として、七姉妹全員の名前が「ア(A)」から始まっているのがすぐ分かると思います。特に深い意味はなさそうですが、母の名が「アテナ」と同じ「ア」から始まっているのが、おそらく関係しているんじゃないかなと勝手に思っています。トリトンはアテナに溺愛?

また、それぞれで尾の色が異なり、そこから姉妹を区別できます。

アティーナがオレンジ、アラーナがパープル、アデーラがライトグリーン(黄緑)、アクア―タがブルー、アリスタがレッド、アンドリーナがマゼンタ(赤紫)、アリエルがアクアグリーン。

ちなみに続編『リトルマーメイドⅢ』では小さい頃の姉妹の姿が描かれています。

リトル・マーメイド III/はじまりの物語 – 予告編

尾の色は虹!

先にも述べたように姉妹の尾の色はそれぞれで異なりますが、実はこれらの色は虹を見立てた色となります。

ちなみに虹色の順に姉妹を並べると、

アラーナ(パープル)、アンドリーナ(マゼンタ)、アクア―タ(ブルー)、アリエル(アクアグリーン)、アデーラ(ライトグリーン)、アティーナ(オレンジ)、アリスタ(レッド)

の順番になります。

やはり主人公、アリエルはセンターでした。

ディズニーシーのショーにも登場!

アリエルの6人のお姉さんたちは、ディズニーシーのショー「キング・トリトンのコンサート」にも登場します。

「キング・トリトンのコンサート」は、2015年4月のマーメイドドラグーンのリニューアルに伴い新たに追加されたミュージカルショーです。映画『リトルマーメイド』の世界を舞台とし、アリエル、トリトン王、フランダー、セバスチャンといったリトルマーメイドお馴染みのキャラクターたちが、歌と音楽ともに様々なパフォーマンスを演出します。

ちなみにマーメイドドラグーンにアリエルのお姉さんが登場するのは、このショーが初めてとのこと。

お姉さんたちは、上にセットされている映像を映し出す小さな丸いスクリーンで、冒頭と最後に歌を披露してくれます。

次回ディズニーシーでショーを見た際は、アリエルのお姉さんたちもぜひ探してみてください!

まとめ

映画を見たことあるので、アリエルにお姉さんがいることは何となく知っていましたが、尾の色が虹に見立てられているのは初めて知りました。確かに虹のように鮮やかな色してますね。

あと劇団四季の劇でもアリエルのお姉さんたちが登場するみたいです。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です