「フラワー」は、バンビととんすけととっても仲良しのスカンク。どちらかといえば女の子っぽい性格をしており、後に彼女もできます。また、フラワーのグッズ情報に関しても触れているので、気になる方はどうぞ寄ってってください。

当記事では、一部ネタバレを含むので注意!

お花が大好き「フラワー」

ディズニー映画『バンビ』(1942)に登場するスカンク「フラワー」は、バンビととんすけの友達です。毛色は実際のスカンク同様に白黒。日本初公開時は、フラワーではなくハナと呼ばれていたことも。

性格は、その名の通り花好きで、さらに照れ屋な一面をのぞかせます。また、亀が苦手。

バンビとの初顔合わせの際は、フラワーが突然花の中から出てきて、それが名前の由来になっています。思わず「フラワー!」とバンビが口にしています。

また、その仕草と性格からフラワーをメスと勘違いしてしまう方も結構います。もちろんフラワーはオスです。

フラワーは、うさぎのとんすけに比べると比較的登場シーンが少ないです。冬場は冬眠しているため、バンビたちと一緒に遊んでいません。そして、春の季節になってようやく眠りから覚めたフラワーは、バンビらと行動をともにします。

ちなみにスカンクといえば強烈なおなら。フラワーもこの武器を持ち合わせています。ただし、フラワーのおならは、続編『バンビ2』(2006)でのみ確認することができます。

彼女は「ミス・スカンク」

(C)1942Disney.All Rights Reserves.

作中、春の季節になると、フラワーはバンビ、とんすけらとともに森の中を探索します。

すると、うごめく花の中から声がしているのを、フラワーが気づきます。じっとのぞくとそこには2つの目が。そして、可愛いらしいスカンクが花の中から出てきます。そう、そのスカンクこそが、フラワーのガールフレンドとなる「ミス・スカンク」です。

ようは、フラワーを一目見て気に入ったミス・スカンクが、誘惑したというわけです。また、登場の仕方から、おそらくフラワー同様にミス・スカンクもまた花好きなのかもしれません。

最初とまどいをみせたフラワーでしたが、ミス・スカンクのキスでKO。一瞬で恋仲になります。そして、最終的に両者は結婚して、息子も一人誕生しています。エンディングあたりで、少しだけ登場しています。

フラワーのグッズ

フラワーのグッズは、ぬいぐるみやマグカップなどそれなりに種類豊富です。ただ、とんすけやバンビに比べると少ないのは否めません。ですから、販売終了になっている商品も結構あります。

どうしても欲しいグッズがあるならば、ネットオークションやフリマアプリなどを利用するのも1つの手段です。中古ですが、販売終了した商品を手に入れることができます。ただし、オークションの利用には注意!

ヤフオク以外のオークションサイトだとセカイモンなどをあたってみるとよいです。

【eBay公認海外オークションサイト】 セカイモン


まとめ

スカンクのフラワーは、花好きな性格やその仕草からまるで女の子のようです。ですが、最後は立派なパパになっています。筆者は、どのような夫婦生活をしているのか気になります。亭主関白?それともかかあ天下?


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です