『美女と野獣』のお城のモデルは何か?

当記事では、そのお城の内部のモデルにも触れつつ詳しく解説しています。

さらに東京ディズニーランドに登場する『美女と野獣』の城「ビースト・キャッスル」についても触れているので、気になる方はどうぞ寄ってってください!

実写版の城のモデルは「シャンボール城」 アニメ版は不明…

シャンボール城

『美女と野獣』のお城は、フランス・ロワールにある「シャンボール城」こそがそのモデルです。かのレオナルド・ダ・ヴィンチが設計に携わった城としても知られ、現在では世界遺産に認定されています。

ただし、これはあくまでも実写版での話。

アニメ版だと城の外見が実写版とは大きく異なり、そのモデルが別なのは誰の目に見ても明らかです。実写版の城が横長であるのに対し、アニメ版はシルエットが三角形に近いです。

ただ、残念ながらアニメ版の城のモデルは不明。

もしかしたら、アニメ版の城はそもそもモデルが存在しておらず、クリエイターが独自に描いたのかもしれません。これに関しては分かり次第即更新します。どなたか分かる方、ぜひ情報提供をお願いします。

城の内部のモデルはまた別

お城の内部のモデルは先の「シャンボール城」とは異なり、図書館やベルの寝室、ボールルームなどは、また別のところから着想を得て誕生しています。

なお、ここでのモデルも実写版の紹介となります。

図書館はポルトガルの大学図書館がモデル

野獣がベルを喜ばすためにプレゼントした図書館は、見渡す限りの本、本、本ばかり。その規模の大きさにあっけにとられた方も少なくないはず。

そして、この図書館のモデルとなったのが、ポルトガル最古の大学・コインブラ大学にある「ジョアニナ図書館」です。

コインブラ大学は、世界遺産に登録されており、「ジョアニナ図書館」はその一部となります。

映画同様と同じく、本によるその圧巻の景色そのものが、まさに芸術といえます。

寝室はドイツの宮殿

野獣に囚われたベルが、最初に案内される寝室。その寝室のモデルとなったのは、ドイツ・バイエルン州にある「ニンフェンブルク宮殿」です。

正確には、宮殿内部にある「鏡の間」がモデルとして利用されています。

鏡が織りなすその神秘的な雰囲気には、思わずため息。

ボールルームの「床」と「シャンデリア」

『美女と野獣』の大きな見どころともいえるのが、ベルと野獣のダンスシーン。実はそのダンスを踊ったボールルーム(舞踏場)の「床」と「シャンデリア」にも、モデルが存在します。

床はベルの寝室同様ドイツ・バイエルン州にある「ベネディクト会修道院」の天井の模様から、シャンデリアはフランス・パリの「ベルサイユ宮殿」のシャンデリアがモデルとして使われています。

きらびやかな踊りには、きらびやかなモデルが使われていたというわけです。


TDLにも『美女と野獣』の城が登場!

既にご存知の方も多いとは思いますが、東京ディズニーランドでは、2020年4月15日にて、新たに「美女と野獣」のエリアが誕生予定です。

それに伴い、『美女と野獣』のお城もそのエリアに登場します。

その名も「ビースト・キャッスル」。夢の国にしては結構物騒な名前です。(笑)

ビースト・キャッスルは、シンデレラ城に次ぐ第二のシンボルとして期待されており、その高さは30にも及ぶとのこと。

ちなみに本場アメリカのディズニーリゾート(WDW)には、既に「美女と野獣」のエリアが誕生しており、お城ビースト・キャッスルも存在します。

そして、そのビースト・キャッスルの中は、「ビー・アワー・ゲスト・レストラン」というレストランにて、食事を楽しむことができます。

それだけに東京ディズニーランドにおいても、内部の施設やデザインにも期待が寄せられます。

ビースト・キャッスルについては、詳細が分かり次第、随時更新予定です!

まとめ

  • 実写版のお城のモデルは、フランスにある「シャンボール城」。
  • 城内部は、図書館がポルトガルのコインブラ大学にある「ジョアニナ図書館」、ベルの寝室がドイツの「ニンフェンブルク宮殿」の鏡の間、ボールルームは床が「ベネディクト会修道院」の天井の模様、シャンデリアはフランスの「ベルサイユ宮殿」が、それぞれのモデル。
  • アニメ版の城のモデルについては不明。
  • TDLには高さ30mにも及ぶ「ビースト・キャッスル」が誕生予定。

TDLのお城は、野獣気分?それともベルの気分?どちらで楽しみますか?筆者は野獣気分!


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です