ディズニー映画『美女と野獣』の実写版とアニメ版との比較で、筆者が特に気になった違いを7つほど上げています。極力ネタバレしないように書いたつもりなので、まだ映画を見てない方もぜひ1度はご覧になってください。

1.魔女が登場

実写版に登場する魔女は、まず真っ先に挙げられるアニメ版との違いです。

アニメ版では冒頭のナレーションにおいて、その存在が確認できただけで、キャラクターとしての登場はありませんでした。

これに対し、実写版では魔女が村人に身を隠しながらも、幾度となく登場しています。魔女だということは、エンディングで明らかにされます。

王子を野獣に変える魔法をかけた魔女。実写版では、わずかながらもその実態を知ることができます。

魔女については以下の記事もご覧ください。

2.王子の過去にまつわるエピソード 両親の話も

実写版では、王子がなぜ傲慢な性格になったのか、そのエピソードが語られています。さらに、エピソードでは、王子の父と母についても語られています。

王子が、あのような性格になったのも実は深い「ワケ」があったのです。


3.ベルの母親

アニメ版は、単にベルと父親は2人暮らしをしており、それ以上のことは語られていませんでした。

かたや実写版では、おそらく多くの方が気になっていただろう、ベルの母親がどういう人物だったのかがついに明らかにされます。

なぜ、村のやや離れにベルたちは住んでいたのか、涙ものです。

4.ベル 「パリ」に行く!

ベルが“ある方法”によって、なんとパリへ向かいます!

なぜパリなのかは、映画をみればすぐ納得!ベルは、そこで意外な事実を知ることになります。

ちなみにこのシーンが、ビル・コンドン監督曰く「コクトー版(実写版『美女と野獣』(1946))にある魔法の手袋をもとに」したとのこと。

5.ガストンとベルの父親が一緒にベルを捜索

ベルが身代わりとなって、城から追い出されたベルの父親は、ガストンのいる酒場の者たちに、ベルの助けを求めます。

アニメ版では、ここで笑いものにされて終わりです。

ですが実写版では、ガストンが相棒ル・フウをつれて、ベルの父親とともに1度はベルを捜索しに森へ向かいます。

ベルを捜索しにいった3人は果たしてどのような行動をとるのか?ここでやはりガストンがやらかします。まあ、ヴィランズですし。

6.父親とベルの捕られ方が違う

物語終盤、ベルとベルの父親は、ガストンたちに閉じ込められてしまうのは、共通しています。ですが、その閉じ込められ方と脱出方法が違います。

アニメ版だと、「地下室」に閉じ込められるも、こっそりベルについてきたチップによって、そこから脱出します。

実写版だと、「馬車」に閉じ込められます。そして、脱出の際にもチップはおらず、ある方法によって馬車から出ます。

7.新キャラ「マエストロ・カデンツァ」

筆者的には、一番に気になった部分です。筆者的は、最初見たとき、あんなキャラいたっけ?と疑問に思いました。調べてみるとやはり新キャラでした。

そのキャラクターとは、「マエストロ・カデンツァ」。実写版で新たに登場したハープシコード(チェンバロ)のキャラクターです。

姿が変わる前は音楽家だった彼には、オペラ歌手「マダム・ド・ガルドローブ」を妻に持ちます。妻のほうは、アニメ版にも登場していた、「衣装たんす」です。

最後の合戦では、2人の息の合ったコンビネーションが見られます。

まとめ

アニメ版に比べて時間が長い実写版のほうが、当然ながら追加要素が多いです。また、細かな違いは上げればキリがありません。ベルの父親の職業が芸術家など。それはぜひ自分で探してみてください。

正直、筆者は実写版にあまり期待はしていませんでしたが、意外にまとまっていて、楽しく見ることができました。さすがに絶賛とまでは行きませんでしたが。今後、ディズニーの実写化あれば、とりあえず見ようかなと思いました。

 


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です