ディズニーによる実写版『美女と野獣』は、アニメ版では見られなかった「魔女」が登場しています。魔女は、作中でも色々と重要な役どころを担っているキャラクターです。

当記事では、ディズニー作実写版『美女と野獣』(2017)の魔女「アガット」の登場シーンや声優に関して詳しく説明しています。登場シーンに関しては筆者なりの考えも提示しています。映画を見て気になった方は、どうぞ寄ってってください。

当記事では、一部ネタバレを含みます。

実写版では魔女が登場!

ディズニー映画『美女と野獣』(1991)のリメイク作であるエマワトソン主演の実写版(2017)は、話の大筋はアニメ版とほぼ一緒。ですが、ところどころで違いが見受けられます。

「魔女」の登場もその違いの1つ。

アニメ版では、王子が魔女の魔法にかけられたという冒頭のナレーションで唯一、魔女の存在を知ることができます。さらに、本編で魔女がその姿を見せることもありません。ですから、これまで魔女がどういった人物など知る由もありませんでした。

これに対し、実写版の魔女だと、冒頭での登場はもちろん、その後の村や森などのシーンでも何度かその姿を確認することができます。

ただ、魔女が謎の人物であることはアニメ版とも共通しています。

姿だけでなく村人の記憶にも手を加えた

王子だけでなく、魔女が城の家来などをまとめて姿を変えたのはアニメ版と同じです。

ですが、実写版だとさらに村に暮らす住人たちの記憶にも手を加え、王子のことを忘れさせたという新たな設定が加えられています。

また、城の住人ながら記憶を消された人物もいます。おそらくたまたま村にいたのでしょう。誰かはエンディングで明らかに。

新アイテムを王子に

アニメ版では、王子は魔女からバラとその人が念じたものを映し出す魔法の鏡を授かりますが、実写版だと、これらに加えて思った場所どこへでも行ける「魔法の本」も授かります。

ちなみに魔法の本を使うシーンが見られるのは作中では1度のみ。誰が何を目的で使ったのかは映画を見てのお楽しみ。

魔女はなぜ村人「アガット」に?

魔女は「アガット」という村人に扮して暮らしており、その正体を隠しています。さらにアガットという名前も身を隠すための仮の名だということも十分に考えられます。ガストンからは「物乞い」扱いされており、身分は決してよいとはいえません。

作中では、村でアガットが魔女ということを知る者は誰一人としておらず、なぜ魔女が姿を隠して村に暮らしているのか、明らかにされることはありません。

1つは、村と王子との関わりを身近な場所で見届けたかったとも考えられます。

ただ、王子を野獣に変えたときも、魔女は初め老婆の姿だったことを考えると、魔女に対する村人たちの態度を探っていたのではないのかとも筆者は考えずにはいられません。ようは人をより深く知りたかったのでは?


ベルの父を助けた

実写版では、ガストンと相棒のル・フウ、そしてベルの父らが、城に捕らわれたベルを助けるべく森に向かうといったアニメ版にはなかったシーンがあります。

このシーン、ガストンは森でベルの父をないがしろにしたあげく、木に縛り付けてオオカミに食い殺されるよう仕向けます。

そしてこの時、ベルの父を助けたのが、他ならぬ魔女です。

王子を野獣にした魔女ですが、善人に対しては手を差し伸べ、決して悪い人ではないことがよく分かるシーンです。魔女のイメージがここで変わった人も多いのではないでしょうか?

ただ、このシーンに関しては、魔女自らが王子を野獣に変えたことで起きた事件であるゆえに、その責任を感じて助けたとも見ることができます。

ラストシーンにも登場!

ラストシーンでは、王子は見事ベルの愛を勝ち取るのですが、あと一歩のところでバラの花が全て散ってしまいます。

ですが、結局、その場に駆け付けていた魔女は魔法をかけて、王子を元の姿に戻します。

このシーンに関しては、様々な意見が出てもおかしくありません。ただ、筆者は普通に「温情」だと捉えました。ほんのタッチの差だったので、やむなしといったところでしょう。

なんだかんだで彼女は「魔女」です。本来ならば永久に野獣のままにしていてもおかしくありません。


アガット役を演じたのは誰?日本語吹替の声優についても

魔女のアガット役を演じたのは、ハティ・モラハン。イギリスのロンドン生まれの女優です。また、2012年までには演劇にもよく出演されています。

透明感のある白い肌が印象に残る彼女は、特に2002年以降から、映画やドラマなどの出演数が飛躍的に増えています。過去には『ライラの冒険 黄金の羅針盤』(2007)の出演経験もあります。また、近年では『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』(2016)、『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』(2015)といった作品にも出演。

まだ40歳を迎えたばかりの女優ですので、今度はさらに活動の幅を広げていくことはまず間違いありません。今後、目が離せない女優の1人といえるでしょう。

また、日本語吹替版でアガットの声優を担当したのは、戸田恵子。

一般的に女優としての活動が有名な彼女ですが、声優としてもあのアンパンマンの声を担当しているほどの大ベテランです。

魔女の声も全く違和感がなかったのは、流石の一言。

まとめ

実写版のみに登場する魔女は、作中でも色々と“匂わせ”な演技をしています。それが何を意味するのは、ご想像にお任せします。

魔女に関しては、思っていた以上に書くことがあって大変でした。まあ、それだけ重要な役回りだということなのでしょう。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です