エレナとソフィアの関係とは?その関係を解く鍵はソフィアのもっているペンダント!作中でもソフィアが魔法を使うために作中でも大活躍していたペンダントですが、そこにはある意外な事実が隠されています。

そして、その事実より、エレナとソフィアとの関係について探っていきます。興味のある方はどうぞ寄ってってください!

ペンダントに閉じ込められたエレナ

まず、エレナとソフィアとの関係を探る上で知っておきたい重要なことがあります。

それは、エレナがペンダントの中に閉じ込められていたということ。そして、そのペンダントは、アニメでソフィアが身に着けていたペンダントの他なりません。

ソフィアは、プリンセスになった当初からペンダントを譲り受けて身に着けていましたが、その間にはエレナがペンダントにずっといたというわけです。まさに衝撃の事実というやつです。

なぜペンダントの中に?

ソフィアの身に着けているペンダントは、もともとエレナが母親から譲り受けたもので、エレナがペンダントの中に閉じ込められたのはその1年後です。

そのとき、エレナの住んでいたアバローには、突如として王国を乗っ取ろうとするシュリキという悪い魔女がやってきて、エレナはシュリキに立ち向かいます。ですが、シュリキの力の方が数倍も強く、エレナはペンダントの中に閉じ込められてしまったというわけです。

ですが、ペンダントに閉じ込めたのはシュリキではなく、あくまでもエレナを救おうとしたペンダントそのものです。この不思議なペンダントは、“意志”を持っているともいえるでしょう。

その後、ペンダントは、アバローの宮廷魔法使いのアルカザールの手により、ソフィアの住む王国へと移り、ソフィアの元に渡されます。

ソフィアはエレナをペンダントから救出!

エレナは長年ペンダントの中に閉じ込められていましたが、ソフィアのおかげで、あれこれあった後に無事ペンダントの中から出てくることに成功します。ちなみにこのとき、エレナがペンダントの中に閉じ込められて41年もの月日が流れていますが、ペンダントの中では年をとらないため年齢は16歳のまま。

つまり、エレナにとってソフィアは、ペンダントの中から救ってくれた恩人という関係となるわけです。

また、エレナはペンダントの中から出たとき、私を救い出してくれるプリンセスを探していたと言っており、それがソフィアだったというわけです。

その後は?

エレナがペンダントの中から出たその後は、ソフィアとともに魔女シュリキと立ち向かい見事アバローを救います。そして、ソフィアは自分の国へと帰り、エレナはアバローのプリンセスとなり物語は終わります。

そして、気になるその後ですが、ぶっちゃけエレナの話にソフィアは出てきません。いずれまた共演もあるかもしれませんが、2人はあくまでも恩人といった関係に留まりそうです。


エレナとソフィアの関係は『アバローのプリンセス エレナ/ソフィアのペンダント』で!

エレナがソフィアのペンダントに閉じ込められていた経緯や、ペンダントの中から出てきたその後について自分の目で確かめてみたいのであれば、『アバローのプリンセス エレナ/ソフィアのペンダント』(2017を見るのが一番手っ取り早いです。

また、エレナをこれから見ようと考えている方にもおすすめです。ソフィアをいちいち全部見る必要もなく、とりあえず先の作品さえ見ておけば、話についていけないといったことも全くありません。その他2つのエピソードも含まれているので、エレナがどんなものか知りたい方はぜひ。

まとめ

  • ソフィアのペンダントの中にはエレナが閉じ込められていた。
  • ペンダントの中から救ったのがソフィアであり、エレナにとってソフィアはまさに命の恩人。

ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です