『Mr.インクレディブル』に登場する謎の美女「ミラージュ」。当初は、インクレディブルたちの敵役として登場した「謎多き女性」です。そこで筆者がミラージュに関するあらゆることを調べ上げてみました。

当記事では、『Mr.インクレディブル』に登場する美女「ミラージュ」ついて、声優などを踏まえて詳しく解説しています。興味のある方はどうぞ寄ってってください!

謎の美女ミラージュ

(C)2004 Disney/Pixar.All Rights Reserves.

ディズニー&ピクサー映画『Mr.インクレディル』(2004)にスクリーンデビューしたミラージュは、本作の黒幕「シンドローム」の秘書として登場。その素性については一切語られることはない「謎多き女性」です。

外見は、浅黒い肌に碧目、そして銀髪が目を引くモデル体型の美女。また、表情はどちらかといえば豊かとはいえず、いわゆるクールビューティです。ファッションは基本的にスーツですが、インクレディブルで会食した際に着ていたセクシーなドレスが印象的です。

ミラージュは、作中でインクレディブルを再びヒーローに復帰するよう持ちかけたりするなど、シンドローム立てた計画の重要な役どころを務めています。そのことからも仕事ぶりは極めて優秀、シンドロームもミラージュに対してかなり信用を寄せていたことが伺えます。

ただ途中、秘書である自分の命を蔑ろしたシンドローム対して不審を抱き、最終的にはシンドロームを裏切ってインクレディブルの手助けをします。

ですからミラージュは、根っからの悪というわけではなく、何か事情があったのかもしれないと少し深読みもできるかもしれません。

また、インクレディブルを救出する際は、インクレディブルに首を絞められ、救出後もインクレディブルに思わずハグされた現場を妻イラスティガールが目撃。ミラージュは、そのままパンチくらってのされてしまいといった具合に散々な目にあわされます。これも今まで悪に加担していた天罰?

ちなみにミラージュは最後の場面で姿を見せることはなく、その後どうなったのかは不明。

声優は誰?

ミラージュの声優は、日本語吹き替え版だと渡辺美佐、映画版だとエリザベス・ペーニャが担当しています。

渡辺さんは、これまでに数多くの作品に出演している業界では知る人ぞ知る人物です。役どころ問わず女性キャラクターの声を担当することが多く、大人気アニメ『ONE PIECE』のネフェルタリ・ビビを担当したのもの渡辺さんです。ビビといえば、アラバスタの王女として大活躍したのは、よくご存知かと思います。

一方、ペーニャさんは元々女優で、声優としての活動歴はほとんどありません。女優としては、ジャッキーチェン主演の大ヒット映画『ラッシュアワー』に出演していることで有名です。

ただ、残念なことにペーニャさんは、2014年10月には、55歳という若さでこの世を去っています。このことから、『カーズ』のドックしかり、今後ミラージュが登場する望みはかなり薄いと言わざるをません。


まとめ

筆者は、ミラージュに似た美女が現実にいないか必死探してみましたが駄目でした。海外でも、銀髪か浅黒い肌同時に兼ね備えた人物はほぼ皆無でした。どちらか一方をもったモデルさんはたくさんいたのですが…。そういう意味でも、ミラージュはアニメならではの美人といえるでしょう。

あと、やはり続編の『インクレディブル・ファミリー』にミラージュは登場していません。まあ、物語的にもミラージュが出てくるような場面は全くといっていいほど見受けられなかったので、仕方がありません。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です