東京ディズニーランド35周年を記念し「イッツ・ア・スモールワールド」が、2018年に大幅リニューアル!新たに42体のディズニーキャラクターを追加して、以前に増して見どころポイントが増えました!

当記事では、その新キャラクター42体を全て紹介しているので、どんなキャラがいるのか気になる方はどうぞ寄ってってください!

「イッツ・ア・スモールワールド」大幅リニューアル!これまでの違いは?

「イッツ・ア・スモールワールド」のリニューアルによる主な変更点は、登場キャラクターおよびボートの乗降場の2点。

登場キャラクターは、新たにディズニーのキャラクターたちが42体追加されており、それらキャラクターたちを後程詳しく紹介しています。

今回のリニューアルの最大の目玉といえ、お馴染みにディズニーキャラクターたちが、いたる国で見受けられます。

ボートの乗客場は、駅をイメージした「スモールワールド・ステーション」となっており、以前と内装が大きく変わっています。

また、ボート乗り場に描かれたキーマウスとミニーマウスが壁画も1つのポイント。この壁画を見るだけでもアトラクションに来る価値は十分あります!

新キャラ42体はこれだ!

イッツ・ア・スモールワールドに登場する新キャラクターをエリア別に分けて紹介します。登場キャラクターたちの作品の舞台となった国にいる点に注目!

ヨーロッパ

  • アナ、エルサ、オラフ(アナと雪の女王)
  • シンデレラ、プリンスチャーミング(シンデレラ)
  • アリス、ホワイトラビット(不思議の国のアリス)
  • ピーターパン、ウェンディ、ティンカーベル(ピーターパン)
  • メリダ、小クマ(メリダとおそろしの森)
  • マリー(おしゃれキャット)
  • ラプンツェル、パスカル(塔の上のラプンツェル)
  • ピノキオ、ジミニー・クリケット(ピノキオ)

アジア

  • ヘラクレス、ペガサス(ヘラクレス)
  • ムーラン、クリキー、ムーシュー(ムーラン)
  • モーグリ、バルー(ジャングルブック)
  • アラジン、ジャスミン(アラジン)

アフリカ

  • シンバ、プンヴァ、ティモン(ライオン・キング)

中南米

  • ドナルド、ホセキャリオカ、パンチート(三人の騎士)

南太平洋

  • リロ、スティッチ(リロ・アンド・スティッチ)
  • モアナ・プア・ヘイヘイ(モアナと伝説の海)
  • ニモ、ドリー、マーリン(ファインディング・ニモ)
  • アリエル、フランダー(リトル・マーメイド)

まとめ

イッツ・ア・スモールワールドは、ディズニーランドでも人が少ないことで12を争うアトラクションでしたが、新たに42体のディズニーキャラクターたちが追加されたことで、その人気は急上昇しています!

筆者もリニューアル後にアトラクションに乗りましたが、以前と比べ物にならないくらい人が多かったです。あと、新キャラが多く、流石に全てのキャラを1回で把握するのは厳しいです。新キャラが気になる方は周回しましょう!


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です