ともにレディの近所に住むジョックとトラスティ。いつも一緒にいる仲良しコンビのその正体とは?

それぞれの犬種や特徴など詳しく解説しているので気になった方はどうぞ寄ってってください!

仲良しコンビ「ジョック」&「トラスティ」

「ジョック」&「トラスティ」は、レディの近所に住んでいる仲良しコンビ。ともに老犬とも呼べる犬で、普段は飼い主の屋敷で暮らしています。

大人になったレディが初めて出会う犬たちでもあり、実質、レディ最初の友達でもあります。

「ジョック」

ジョックは、時に厳しく時に優しいスコッチテリア。レディにとってはまるで父親のような存在といえる犬。

アニメ版だとやや青みかかった毛色をしていますが、続編『わんわん物語Ⅱ』では黒に変わって実際のスコッチテリアにより近い色に。

いつもトラスティとコンビを組んでおり、トラスティの語り出す武勇伝にあきれ顔にあるのは、もはや常套句。

作中冒頭では、自身の家の近くで骨を隠すちょっとした遊び心も見せてくれます。

声優は、英語版は、ビル・トンプソン、スターリング・ホロウェイ(歌)、日本語吹替版は、三津田健(1956)、槐柳二(1989)。

「トラスティ」

トラスティは、鼻が自慢のブラッドハウンド。だけど、ジョックからはその鼻もう使い物にならないとの指摘も。

普段は、祖父のリライアブルじいさんを引き合いに出して、自身の武勇伝を語る癖があります。ただ、作中終盤では、トラスティとともにトランプの危機に駆け付けるなど、正義感溢れる一面をみせてくれ、伊達で武勇伝を語っているわけではありません。

声優は、英語版は、ビル・ボーコム、日本語吹替版は鈴々舎馬風(1956)、滝口順平(1989

まとめ

ジョックとトラスティは、レディにとって初めての友達です。2匹の絶妙な掛け合いは作中の見どころの1つ!

続編『わんわん物語Ⅱ』にもチョイ役で出ているので気になった方はこちらもご覧ください。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です