実はミッキーマウスには「姉」がいたという事実をご存知ですか?その名も「アメリア・フィールドマウス」。現在までに知られているミッキーの数少ない肉親でありながら、その素性は未だはっきりしていません。

当記事では、ミッキーの姉「アメリア・フィールドマウス」について調査した結果、判明したいくつかの事実を乗せていきます。あまり触れられていないミッキーの肉親だけに、読んで損はないはずです。

アメリア・フィールドマウスはミッキーのお姉さん

ミッキーの実の姉となるアメリア・フィールドマウス。海外だと「Felicity Fieldmouse(フェリシィティ? フィールドマウス)とも。

その姿を初披露したのは、1932年にアメリカで発売されたコミック、いわゆるアメコミ『ミッキーマウス・サンデー』においてです。スクリーンデビューはいまだなし。

容姿は、ミッキーの姉らしく、黒い耳と素肌の部分はそっくりですが、トサカのような髪型とカールのかかった襟足がついており、やや大人びているのが印象に残ります。筆者は、後述するモーティ、フェルディのことも踏まえると、おそらくミッキーよりも6~9歳くらい年上だろうと推測します。

ちなみにミッキーは「孤児」という設定です。ですから、アメリアは、ミッキーとの血のつながりがはっきりと判明している数少ない貴重なキャラクターともいえます。

双子の息子も

アメリア・フィールドマウスには、「モーティ」と「フェルディ」という双子の息子がいます。必然的にミッキーの甥となるキャラクターでもあり、容姿はアメリアよりもミッキーに瓜二つです。アメリアの夫については不明。(一部でフランクとも。)

デビュー作は、アメリアと同じく『ミッキーマウス・サンデー』おいて。作中では、アメリアが息子の2人をミッキーに預けたりもしています。

モーティとフェルディは、露出度がアメリアとは比較にならないほど多く、グッズ化も何度かされています。ですから、名前こそ知らないものの、小さなミッキーを見てあれって何者?って思った方も多いでしょう。

筆者の実家にあるディズニーカレンダーにも何気にモーティとフェルディいました。(笑)

モーティとフェルディについてもっと詳しく知りたい方は次の記事もどうぞ!
「双子の「モーティー」と「フェルディ」はミッキーの甥!見分け方は?」

もともとはおばさんとして登場していた?

実はアメリア・フィールドマウスの初登場時は、姉としてではなく、あくまでミッキーの親戚としてモーティとフェルディを預けにきています。さらに当時の姿は、かなり老けたおばさんに近く、姉と呼ぶにはかなり無理があります。また、名前も「ミセス・フィールドマウス」とだけしか伝えられていません。

筆者も確認しましたが、ほとんど別物のキャラクターでした。あと、眼鏡もかけていました。

ただ、1935年にアメリアがミッキーの姉、およびモーティとフェルディが甥である事実が明確になった後からは、そのデザインも一新されて、現在に至ります。ちなみにデザインは、コミックの著者ポール・ハラスとディズニーのコミック作家フランシスコ・ロドリゲスが手掛けています。

まとめ

昔に販売されたアメコミでしか登場していないため、日本だとどうしても情報が限られてしまいます。今後もアメリアについて分かり次第、情報を随時更新予定です。

できれば今後スクリーンデビューを果たして、もっと多くの人たちに知ってもらいたいです。なにせ、あのミッキーマウスの「姉」なのですから。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です