『モンスターズ・インク』(2001)では、マイクの彼女として登場する「セリア」。実は、ボツ案や登場シーン隠された意外な秘密があったことを突き止めました。

当記事では、『モンスターズ・インク』(2001)に登場する「セリア」のボツ案や意外な秘密について紹介しています。気になる方は、どうぞ寄ってってください。

受付レディ「セリア・メイ」

「セリア・メイ」は、物語の舞台となるモンスターズ株式会社(モンスターズ・インク)に勤める受付レディです。その容姿は、手足が触手の一つ目スレンダー体型、そしてメデューサーを彷彿させるような蛇の髪が大きな特徴。

性格に関しては、普段はおしとやかですが、怒ると手が付けられなくなります。典型的なOLタイプといえるでしょう。

また、マイクの彼女であるセリアは、マイクを「ギョロ目ちゃん」と呼んで溺愛しているのがよく分かります。ちなみマイクはセリアを「セイリン」と呼んでいます。

声優は、原語版はジェニファー・ティリー、日本語吹替版は高乃麗が担当しています。小ネタとして、ジェニファー・ティリーが声優を担当したことによって、セリアはぐっとかわいく魅力的になったのだとか。

元カレが登場する予定だった!?

セリアにメデューサーのような蛇の髪が付けられたのは、プロダクションデザイナーのハーレー・ジェサップ曰く、「石になった昔の恋人を(マイクに)見せても面白いかと思った」のが元々の理由です。続けて、マイクがビビる予定だったとも。

つまり、セリアに石にされた元カレが登場していたかもしれなかったということです。

ですが、「怖すぎる」との理由で元カレ案はボツに。

やはり、元カレも一つ目?


マイクを助けるシーンはスタッフたちの思い!

作中終盤、セリアはランドールに追われるマイクを助けるべく、お得意のアナウンスで時間稼ぎをします。

実はこのシーン、ストーリーを考える最中にセリアを好きになってしまったスタッフたちが、なんとか彼女を活躍させたいとの理由で追加された、スタッフたちの思いがつまったシーンだったのです。

マイクだけでなく、スタッフまでも虜にするとは…。その魅力はモンスターだけにとどまらない。

寿司店「ハリーハウゼン」での秘密

マイクとセリアのデートシーンを目にすることができる高級寿司店「ハリーハウゼン」。タコのキャラクターが料理を提供しているのが印象的です。このシーンにまつわるある秘密、意外な事実がそこにはありました。

当初マイクは求婚する予定だった!?

当初の予定では、マイクはハリーハウゼンでセリアにプロポーズする予定でした。

ですが、ここでプロポーズしてしまうと、後にサリーとの関係に大きな溝を生んでしまうということで、プロポーズ案は却下されています。

ある有名監督が名前の由来

実はこの「ハリーハウゼン」、「レイ・ハリーハウゼン」(2013年没)という知る人ぞ知る有名な特撮監督が名前の由来になっています。

代表作には、『原子怪獣現わる』や『タイタンの戦い』など、後の特撮映画にも多大な影響を与えた作品を世に送り出しています。おそらくレストラン名を聞いてすぐピンときた方も少なくないはず。

そして、ピクサーの制作陣も例に漏れず、「レイ・ハリーハウゼン」の影響を強く受けており、それに敬意を表しての採用となっています。


まとめ

もし元カレが登場していたら、どんなモンスターだったのかは気になるところです。マイクもいずれ石にされる日がやってくるでしょう。すぐに元に戻してくれると思いますが。あと追加シーンは、セリアに対するスタッフの愛が大いに感じられます。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です