『ノートルダムの鐘』において、主人公カジモドの親友として登場するガーゴイルの石像。謎の多いキャラクターともいえ、人によってはカジモトの単なる妄想と考える方もいるみたいです。

当記事では、『ノートルダムの鐘』に登場するガーゴイルの石像について詳しく説明しています。石像は実際にあることも判明しています。またガーゴイルの石像の存在意義について、筆者なりに考えてみたので、興味のある方はどうぞ寄ってってください!

ガーゴイルの石像はカジモドの親友

ディズニー映画『ノートルダムの鐘』(1996)に登場する3体の石像「ユーゴ」、「ヴィクトル」、「ラヴァーン」は、ディズニーオリジナルキャラクターです。主人公カジモトの唯一の親友としてノートルダムの大聖堂に一緒に暮らしています。

声優は、日本語吹き替え版だと、ユーゴは治田敦、ヴィクトルは今井清隆、ラヴァーンは末次美沙緒。英語版だと、同順ジェイソン・アレクサンダー、チャールズ・キムブロー、メアリー・ウィックスおよびジェーン・ウィザースとなります。

いずれも羽が生えた悪魔の様相をしたガーゴイルをモチーフとしていますが、性格はその見た目とは裏腹にとっても優しい連中です。ユーゴは太って陽気、ヴィクトルはスマートで情に厚い、そして唯一の女性となるラヴァーンはしっかり者でカジモドのよき相談役です。

ちなみに石像のユーゴ、ヴィクトルの名は、 『ノートルダムの鐘』の原作『ノートルダム・ド・パリ』(1831)の作者ヴィクトル・ユーゴーを由来とします。ラヴァーンは不明。

共通する特徴としては、基本的にカジモド以外の他人に話しかけたりすることはなく、カジモドと話している最中でも、人が来くればすぐ動かなくなってしまいます。

唯一のディズニー要素

ガーゴイルの石像たちは、『ノートルダムの鐘』の原作『ノートルダム・ド・パリ』(1831、ヴィクトル・ユーゴー作)には、一切登場していないディズニーオリジナルのキャラクターです。

見方によっては、ファンタジー引いてはディズニー色が作中で唯一垣間見えるキャラクターともいえるのです。

それというのも、ディズニー作品はシンデレラ然り、白雪姫然り、ファンタジーが一つのウリです。

ですが、『ノートルダムの鐘』は、作品全体を通して現実的な側面を全面に押し出しています。誰かが不思議な力や魔法を使えるわけでもなく、おとぎの国もありません。作品の命題ともいえるカジモドの容姿も単に生まれ持ったものです。

そのため、石像が動くというキャラクターは、作中で唯一の非現実的な部分つまり「ファンタジー」となるわけです。

結果、ガーゴイルの石像たちは、ある意味で『ノートルダムの鐘』をディズニー作品たらしめるキャラクターともいえるでしょう。

カジモドの妄想なの?

ガーゴイルの石像は、カジモドの前でのみ会話するため、カジモドの妄想なのでは?といった疑問を持つ方は多いです。

ですが、それはあり得ません。

なぜなら作中最後に繰り広げられるフロローとの攻防戦で、3体の石像は大聖堂に迫ってくる兵士たちを何人も打ち倒して大活躍しているからです。さすがにこれをカジモドの妄想をするのは無理があるでしょう。作品はあくまで全体を通してみるべきです。

また、続編『ノートルダムⅡ』でも石像たちが登場していることからも、この作品の世界では確かに存在するキャラクターとみてまず間違いありません。

カジモドにしか話しかけないのは、彼が唯一信頼のおける人物だからと考えるのが妥当でしょう。カジモドの心がそれだけ優しい証拠とも言い換えられます。繰り返しになりますが、ガーゴイルの石像こそが唯一のディズニー要素です。

石像は実際にある

作品の舞台となったパリのノートルダム大聖堂には、実際に何体ものガーゴイルの石像を目にすることができます。元々ガーゴイルはあらゆる動物の一部を組み合わせた怪物のため、その容貌は一様ではなく種類も豊富です。

そして、屋上にもガーゴイルの石像は置かれており、当然ながら作品の元ネタです。

ガーゴイルの石像は、魔除けとしての意味を持つといわれ、ノートルダム大聖堂からパリを眺めています。つまり、いつ何時も大聖堂が侵されないよう見張っているわけです。

まとめ

ガーゴイルの石像はカジモドにとって欠かすことのできない重要なキャラクターです。ガーゴイルの石像あっての『ノートルダムの鐘』ともいっても決して言い過ぎではありません。

もし彼らがいなければ、カジモドは独りぼっちです。少し深読みすれば、彼らがいたからこそカジモドがここまで優しい人物になったのかとも考えられるのではないのでしょうか。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です