ピクサー作品で目にする謎の暗号「a113」。ファンの間では広く知られた暗号ですが、今回はその意味について詳しく解説しています。気になる方はどうぞ寄ってってください!

謎の暗号「a113

(C)1998Disney/Pixar.All Rights Reserves.

ピクサー作品を、目を凝らしてよーく見てみると、a113という謎の暗号を発見することができます。

『トイ・ストーリー』だとアンディの母親のナンバープレート、『モンスターズ・ユニバーシティ』だとサリバンが開けた教室の扉の番号、『カーズ』だと列車の番号といった具合に、何気ないワンシーンにひっそりと隠れています。

さらにいえばピクサーのみならず『ブレイブ・リトル・トースター』や『プリンセスと魔法のキス』といったディズニー作品、果ては『キングダムハーツ』などのゲーム作品にも目にすることができます。『アベンジャーズ』にも。

これは元々、ブラッド・バードが『世にも不思議なアメージング・ストーリー』の「ファミリー・ドッグ」のキャラクターデザインを担当した際に、車のナンバーにこの「a113」を一種のジョークとして描いたのが始まり。今日では作品のどのシーンにあるのか探すことも、ピクサーの1つの楽しみとなっています。

a113は大学の教室

主にピクサー作品のいたるところで目にする謎の暗号「113」。

実はこれ、もとをたどるとある大学の教室にいきあたります。

その大学とは、アメリカにあるカリフォルニア芸術大学(California Institute of the Artsという芸術系大学。アメリカの芸術系の大学としてはトップクラスの名門校にあたり、ジョン・ラセター他、ピクサーを手掛けた多くのクリエイターたちもまたこの大学を卒業しています。

そしてこのカルフォルニア芸術大学にあった教室番号「a113」こそが謎の暗号の正体です。

なんでもグラフィックデザイン&アニメーションキャラクター学部が創設されたときに誕生した記念すべき教室番号だったみたいです。

その後、先に述べたブラッド・バードが作品で初めてa113を描いたことを始まりに、ある種の遊びとしてピクサーもそのまま使用していったというわけです

つまり、番号そのものに特に深い意味はなく、教室に対する愛着みたいなものが込められているのだといえるでしょう。

ちなみに現在、「a113」教室は、1年生のグラフィックデザインのスタジオに使われている模様。


a113以外の暗号?

実はピクサー作品には、a113と似たようなちょっとした遊び要素が含まれています。

それはピザプラネット。そう、『トイ・ストーリー』でお馴染みの車です。

そして、このピザプラネット、なんとa113と同様にピクサー作品のちょっとしたシーンに隠れています。

非常に分かりづらいものもありますが、ぜひa113と一緒に探してみてください。

まとめ

a113は、ピクサーだと全ての作品で目にすることができる番号なので、気になる方は1度作品をご覧になったあとに再度確認してみましょう。友達や家族と一緒に探すと楽しさUP!

個人的には、Mr.インクレディブルのa113がかなりこった描き方だと思いました。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です