『モンスターズ・ユニバーシティ』に登場するスクイシーとスクイシーのママは、その性格ゆえに見る人たちを笑顔にしてくれるキャラクターです。

当記事では、スクイシーのモチーフやスクイシーのママが聴いていた音楽など、スクイシーとスクイシーのママについて徹底解説しています。気になる方はどうぞ寄ってってください。

スクイシー

 

View this post on Instagram

 

福岡 おもちゃ屋 TOYS-HEADさん(@toyshead)がシェアした投稿


スクイシーことスコット・スクイブルスは、マイクやサリーが通う大学「モンスターズ・ユニバーシティ」の学生です。学年は2年生で、マイクやサリーの先輩にあたります。学部は不明。

後にマイクとサリーが入るサークル「ウーズマ・カッパ」のメンバーの一員でもあり、サークルの拠点となる家は、スクイシーの実家で母親と一緒に暮らしています。

外見は、ふっくらした体型にピンク色の肌で、五つ目をもつとってもキュートなモンスターです。性格は、マイペースかつ非常に優しい心の持ち主です。

特技は気配を消すこと。後にそれを武器として怖がらせ大会でも大いに活躍します。

声優は嶋田翔平。

モチーフは「餅」

スクイシーのモチーフとなったのは「お餅」です。自在にかたちが変わるお餅に「まだ確固たる自分がない」(注.1)ことを表現したみたいです。

その言葉通り劇中のスクイシーは、子供ぽいあどけなさを何度も見せてくれます。

個人的には、スクイシーの「クッション並べて要塞つくちゃおうぜ~」の言葉が頭から離れません。(笑)

怖がらせ屋を諦めていた

入学当初は、怖がらせ屋を夢みた時期もあったみたいですが、怖いとは程遠い外見だったため、作中では同じサークルの仲間とともに他のモンスターから馬鹿にされて、その夢はすでに諦めています。また、性格が非常に優しかったことも1つの原因だったいえるでしょう。

ですが、スクイシーは、気配を消すことに長けており、後にそれを武器として怖がらせ大会でも活躍し見事才能を開花。決勝の怖がらせシュミレーターでは、突然人形の前に現れて高得点を記録しています。

ダン・スカンロン監督はスクイシーについて「どんな学校にも、まだ成長しきれていない若い生徒がいる。彼らは学校にいる間に、自分がどういう人間なのかを発見して、進化していくんだ」(注.1)と語っています。

その言葉通りスクイシーも進化していったというわけです。

注.1「シネマトゥデイ」

スクイシーのママ

 

View this post on Instagram

 

秋山 チムチムリーさん(@chimchimly0412)がシェアした投稿


スクイシーのママとなるシェリー・スクイブルスは、陽気でとにかくマイペース。爆笑シーンが何度か見られます。好きな音楽が「デスメタル」なのもツボ。

筆者は、洗濯機を回すシーンが大いに笑えました。

ウーズマ・カッパ最初のファンともいえ、初戦でウーズマ・カッパが紹介されると、1人一生懸命「イェーイ!」と声援を送っています。また、「OK」の文字が刺繍されたウーズマ・カッパのユニフォームを作成したのもスクイシーのママです。

車の中で聞いていた音楽は何?

スクイシーのママがウーズマ・カッパを車で送って、待っている間に車の中で音楽を聴くシーンがありますが、その外見からは想像だにしない過激な音楽を聴いていたため、そのギャップにほとんどの方が驚いたはず。

実はスクイシーのママは、デスメタルが大好き!デスメタルはヘビメタの1種です。

車で聴いていた曲は、アメリカのヘビメタバンド「Mastodon」の『Island』という曲です。

Mastodonは、ヘビメタの世界では知る人ぞ知るバンドみたいで、いわゆるレジェンドです。

気になる方は1度聴いてみてください。

Mastodon-Island

最後はドンカールトンと結婚

なんとスクイシーのママは、最後にウーズマ・カッパの部長ドンカールトンと結婚してしまいます。

ウーズマ・カッパが大会に優勝後、ドンカールトンが嬉しさのあまりついスクイシーのママに抱きついてしましますが、ここから恋が発展していったと考えるのが妥当でしょう。

これには、さすがにスクイシーも少し頭を悩ませている模様。


まとめ

スクイシーとスクイシーのママともにマイペースなのは、さすが親子といったところ。劇中のお笑い担当ともいえます。

ドンカールトンと結婚したスクイシーのママとスクイシーのその後の生活が非常に気になります。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です