東京ディズニーランドで最も人気のアトラクションのひとつ「ミッキーの家」があるトゥーンタウン。しかしそこは開園当初からあるわけではありませんでした。

当記事では、意外と知られていないトゥーンタウンの歴史について解説していきます。

トゥーンタウンのなりたち

開園当初は作られていなかったトゥーンタウンですが、開園から13年後の19964月15日に、「キャラクターの住居専用エリアとしてディズニーパークの開園当初から存在していたが、ゲストからの希望によりミッキー達は、トゥーンタウンをすべての人々に公開した」と言う設定のもと、お披露目されました。

「ミッキーと仲間たちの住む街」をテーマとしており、今現在もそのコンセプトを変えずにいます。

キャラクター達の住居や仕事場がある場所なので、キャラクターに会える頻度がかなり高く、人気のエリアとなりました。

トゥーンタウンの建物

トゥーンタウンに入ると他のエリアと違い、遠近感がおかしいグニャグニャしたような世界に見えませんか?

このエリアはまるでアニメの中に入り込んだような感覚になれるよう設計してあり、ディズニーアニメならではの世界を体感できます。

外観だけでなく、ボタンを押すと水がでてきたり、キャラクターの声が聞こえたり、触って楽しめる工夫も各所にほどこされています。


番外編 トゥーンタウンおすすめ過ごし方

トゥーンタウンは、一見子ども向けのようで、大人だとあまり立ち寄らない人も多いのではないでしょうか?たしかにアトラクションは子ども向けのものが多く、筆者もあまり乗ることはありません。

ですが、トゥーンタウンは魅力いっぱいの場所。特に訪れて欲しい場所を皆さんにお教えします!

食べ物

トゥーンタウンには人気のフードがたくさん売っています。

その中でもオススメなのはミッキーのトレイラーで買えるスプリングロール!

ワンコイン以下でアツアツカリカリの春巻きを食べられます。

フォトジェニック

いわゆるインスタ映えです。

ディズニー内は写真スポットが多く、どこを撮っても楽しいですが、その中でも特にトゥーンタウンは独創的かつカラフルで、どこで撮っても映える写真になること間違いなしです。

休憩

昼間は家族連れでにぎわいますが、夕方以降になるとグッと人が減り穴場スポットになります。

座って休憩できる場所も多く、園内の奥地なのでトイレも空いています。

まとめ

  • トゥーンタウンは開園して13年後に完成。
  • アニメーションの世界をモチーフにした。

大人でも楽しめるトゥーンタウン、ぜひ行ってみてください!


プー子

ぶん文太をディズニー好きにした張本人 座右の銘は「1日五食」

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です