東京ディズニーリゾートには、妊婦・怪我人・高齢者の方が対象となる「合流利用サービス」と呼ばれる便利なサービスがあります。サービスは、アトラクションで並ぶ際に別の場所で待機できるといったもの。

当記事は、合流利用サービスの詳細際に加え、注意点や利用方法などを初心者の方にも分かりやすく解説しているので気になる方は、どうぞ寄ってってください!

「合流利用サービス」とは?

「合流利用サービス」とは、妊婦、高齢者、車いすおよび疾病や負傷などの怪我人など、長時間アトラクションの列に並ぶのが難しい方を対象とするサービスです。

【公式】東京ディズニーリゾート「パークで負担を軽減するためのサービス」

対象となる方は、一旦グループから離れて列以外の場所で待機し、指定の時間にグループと合流しアトラクションを楽しむことができます。

ようは対象者が列に並ばずにアトラクションが乗れるサービスです。

指定の時間は、東京ディズニーリゾートのアプリ項目「プラン」、若しくは希望で受け取れる「ゲストサービスリマインダー」で確認ができます。

仮に41グループだとすると、対象者の方1人が別の場所に待機し、その他3人は列に並んで、その後に合流してアトラクションの乗るといったかたちとなります。

注意点としては、対象者は原則1人で待つことになり、唯一、1人で待つことが困難な場合に限り、介助者が1人つくことができます。

この点に関しては、過去にゲストアシスタンスカードを悪用するなどの問題が発生しています。実際は1人で待つことができるのに、付き添いが必要とする申告は絶対にやめましょう!

また。待っている間は、その他一切のアトラクションを利用することは不可能となります。

合流利用サービスは、あくまでも別の場所で待機するサービスで、時間短縮されるサービスではありません。

ちなみに障害者手帳などをお持ちの方は、別の「ディスアビリティアクセスサービス」というサービスの対象になります。

対象となるアトラクション施設

基本的にサービスは全てのアトラクションで受けることができます。

加えて東京ディズニーランドは「ウッドチャック・グリーティングトレイル」、「ミッキーの家とミート・ミッキー」、東京ディズニーシーは「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」、「“サルードス・アミーゴス !” グリーティングドック」、「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」、「アリエルのグリーティンググロット」の施設がサービスの対象となります。

合流利用サービスの利用の仕方

合流利用サービスは、アトラクションにいるキャストに、その都度サービスの利用の旨を伝えて、サービスに登録して利用できます。登録の際は、パークチケットの提示も必要となります。

ですから、あるアトラクションでサービスを利用した後、別のアトラクションでも合流利用サービスを利用したいのであれば、今度はそこのアトラクションにいるキャストにサービスの利用の旨を伝える必要があります。

そして、サービスの利用を告げると、キャストから指定の時間が提示されるので、時間近くになったら再度キャストに声をかけて、アトラクションを利用するといった流れとなります。

なお、必然的に本人が必ずその場にいなければならないため、代理人によるサービス登録はできません。また、サービスの事前予約も受け付けていません。


まとめ

  • 合流利用サービスは、妊婦、高齢者、怪我人など、長時間アトラクションの列に並ぶのが難しい方が対象。
  • 合流利用サービスは、アトラクションを利用する際、その都度キャストに登録して利用するサービス。
  • 基本的に待機できるのは、対象者1人のみ。

サービスによっては、対象の方がそもそもそのアトラクションに乗ることがまずい場合もあるので、アトラクション内容をよく確認してサービスを利用しましょう。

 


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

2件のコメント

匿名希望 · 2019年11月23日 1:42 PM

初めまして。ブログを読まさせて頂きました。私はTDRでキャストをしている者です。合流利用サービスについてですが、貴方様のブログ内にある、「例えば」の部分におきましては、例外としての当日、各対象施設での担当係員へのご申告により、応相談での対応とさせて頂いております。(従来のゲストアシスタンスカードの時のような、悪用や不正利用防止の為)従って当施設の公式HPのバリアフリーの項目でも、その様にはお載せしておりません。誠に恐縮ではございますが、トラブルや悪用などの防止の為に、該当部分のご削除や、ご訂正のほうをして頂けませんでしょうか?他のサイト様にも、同様の件でご協力いただいておりますので、貴方様にもご理解とご協力のほうを、宜しくお願いします。又合流利用サービスは、ファストパスとは異なり、あくまで困っている方達を助けるためのアイテムです。従って合流利用サービスと同制度の、登録時に障害者手帳の提示や、顔写真撮影が必要である、「ディスアビリティアクセスサービス(略:DAS)」とは異なり、登録に証明書の提示がない事をいいことに、心無い方達によって、軽々しく使われてしまいますと、最悪運営側といたしましては、旧のゲストアシスタンスカードと同様に、サービス自体の完全廃止などの措置を取らざるを得なくなってしまいます。ですから合流利用サービスを使うときには、くれぐれも本当に必要な時や、方だけにして頂きたいです。ご理解とご協力のほうを、宜しくお願いします。

匿名希望 · 2019年11月24日 1:31 PM

初めまして。ブログを読まさせて頂きました。私もディズニーが大好きです。そして私も、自身にパーク指定の障害者手帳があるため、2019年の6月までは、パークに行く度に、ゲストアシスタンスカード(略:GAC)を利用させて頂いておりました。しかしながら今年の1月に、原則GACの発行に、障害者手帳の提示が必要になってからも、悪用や不正利用がなくならなかった為、ついに予告なしで、突然GACが廃止・そして名称変更をされましたね。そしてGACが、「ディスアビリティアクセスサービス(略:DAS 障害者手帳所有者限定で、尚且つ通常の乗り物の列に並べない方用)」と、「合流利用サービス(略:SWS 妊婦・高齢者・一時的な病気やケガが理由で、通常の乗り物の列に並べない方用。)」に変わってからも、今年の秋に初めて、両制度を利用させて頂きました。ですが全く貴方様がブログで仰る通りですね。特にSWSの対象者は、登録時に障害者手帳と、本人確認の為に、顔写真撮影が必要である、DASの対象者とは異なり、登録時に証明書の提示や顔写真撮影が必要ではないのをいいことに、心無い健常者の方達が、グループ皆で一緒に待ち時間も、楽に過ごしたいがために、「障害者手帳は全員、持っていないが、グループ全員が、通常の乗り物の列に並べないがために、全員列とは別の場所で待機をさせて欲しい。」と係員に、ウソの申告をしたり、係員の前だけ対象者のふりをするっていうような、そういうズルい行為は決してダメですよね。中には過去に、そういうズルいことをやった連中が大量発生したが為に、従来のGACだって、突然予告なしで、制度・名所変更や廃止をされたわけです。本当に悲しいですよね。改名や変更によって、誰もが平等に、パークを楽しめれるように、変わって行って欲しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です