『アナと雪の女王』に登場するトロールたちは登場シーンこそ少ないものの、物語ではかなり重要な役割をこなすキャラクターのため、作品を知る上でも知っておいて損はありません。

当記事では、『アナと雪の女王』に登場するトロールたちの特徴を詳しく解説しています。また、東京ディズニーランド情報についても触れていますので、気になる方はどうぞ寄ってってください!

一部ネタバレを含むので注意!

普段は石の姿「トロール」

リヴィング・ロックの谷に住む「トロール」たちは、普段は石に化けて身を隠す妖精です。その姿は、トロールたちが心を許した者だけに見せてくれます。

特にクリストフとは仲が良く彼曰く「恋愛のスペシャリスト」とのこと。

モデルは、ノルウェーの妖精「トロール(トロル)」。さらにノルウェーには、その名を由来に持つ「トロルの舌」という崖もあります。

記事:【アナと雪の女王】舞台のモデルはまさにアナ雪! 超絶景の舞台スポットを紹介

長の「パピー」

トロールの長である「パピー」は、不思議な力をもつトロールでもあります。特に作中では、その力を使ってアナの窮地を救っています。ただ仕方なかったとはいえ、アナを救うと同時にそれまでの記憶を消しています。

ちなみにパピーは、作中で唯一名前を知ることができるトロールです。

ネックレスで男と女の区別ができる!?

実はトロールたちの身に着けているネックレスの色で、男か女かの区別が簡単にできます。

男のトロールたちは緑、紫、青色のネックレス、そして女のトロールたちは赤あるいはピンクを身に着けています。

ただし!トロールの長であるパピーだけは、唯一黄色のネックレスを身に着けています。なにせ“長”ですから!

ちょっとした部分ですが、そちらに目を配ってみるのもまた面白いです。

クリストフと旧来の友達

トロールは、クリストフと旧来の友達として登場します。クリストフは幼き頃にトロールたちの姿を目撃しており、おそらくこれが出会いのきっかけとみてまず間違いありません。

作中では、クリストフがアナを紹介したとき、勘違いしたトロールがクリストフとアナをくっつけようともし、かなりのお節介焼きであることが伺えます。

ただ、クリストフがトロールのことを“恋愛のスペシャリスト”と称することからも、日ごろから恋愛あるいはそれ以外の相談もする頼りになるやつともいえるでしょう。もはや家族同然といっても遜色ありません。


TDLにも登場!?

東京ディズニーランドでは、2015年より開始された「アナとエルサのフローズンファンタジー」にて『アナと雪の女王』に登場するキャラクターたちが、パレードやオブジェとしてその姿を見せています。開催時期は、アナ雪らしく1月初旬にかけて行われます。

そして、そこにはトロールたちも顔をのぞかせており、特に「フローズンファンタジーパレード」では、たくさんのトロールたちがのったフロートがパーク内を巡ります。

残念ながら、2019年以降は「アナとエルサのフローズンファンタジー」の開催は予定されておらず、2018年で今のところ見納めとなっています。

ただし、人気なイベントだったために何かしらのかたちを変えてアナ雪のイベントを行うといった可能性は十分に考えられます!期待して待ちましょう!

トロールの絵本もあった!?

2015年には、講談社より『アナと雪の女王 トロールの あかちゃん』といった絵本も販売されています。

中身は、アナとクリストフがトロールのあかちゃんたちの子守りをするといったサイドストーリーとなっています。小さな子供にぜひ!


まとめ

  • トロールたちは、普段は石に化けて姿を見せない妖精で、心を許したものだけにしかその姿を見せない。特に長のパピーは不思議な力を持っている。
  • クリストフとは大の仲良し。
  • TDLに登場したことも!

筆者は、クリストフがトロールたちにどんな相談したのか気になります!


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です