嘘か誠か、ご存知ミッキー・マウスの父親なるキャラクターを突き止めました。その名も「ラット・フィンク」。筆者も気になったので、徹底的に調査してまいりたいと思います!

ミッキーの父親?「ラット・フィンク」

「ラット・フィンク(RAT FINK)」は、しばしばミッキーの父親と言われているネズミのキャラクター。

ただ、その狂暴そうなその見た目から、ミッキーの父親だなんてにわかには信じがたいと思います。飛び出た目玉に鋭い牙をもつ緑色のネズミ、怖すぎです。

というか大半の人が、“嘘”だと思うはず。筆者も最初みたとき一瞬、え!?と思うと同時に、あ、こりゃ嘘だなと即思いました。

先に言ってしまえば、ご想像通り、公式にラット・フィンクはミッキーの父親として認めているキャラクターではありません。当たり前といえば当たり前です。

ではラット・フィンクとは何者なのか?

なんでもこのラット・フィンクというキャラクター、独創的な自動車を作りだすことで有名だったエド・ロスが、1961年に一種の皮肉として描き上げたものだということです。モデルは何でも「自身が冷蔵庫に落書きしたネズミ」

また一説によれば、ラット・フィンクは、ミッキーの父親としてではなく、「ご先祖様」だとエド・ロスが後に語っているとのこと。

ちなみにエド・ロスがディズニー・スタジオに勤めていたという事実が一切ないことからも、ラット・フィンクが公式キャラクターではないことははっきりしており、今では言えば同人みたいなものです。

ただ、予想に反してこの緑のネズミは当時の不良少年の間で大流行。

現在もアウトローや落ちこぼれの象徴として、グッズなども販売しているというからおもしろい。また、エド・ロス自身もこのラット・フィンクを契機にイラストレーターとして活躍しています。

エド・ロスは、後にラット・フィンク以外にも似たようなインパクトあるキャラクターを数多く手がけているので、気になった方はぜひ調べてみてください。

ミッキーは「孤児」という設定

ラット・フィンクが公式に父親と認められていないのは分かったものの、じゃあ実際のミッキーの両親は?

公式では、ミッキーはあくまでも「孤児」という設定で、現在も両親は不明のままです。ちなみにこれはミニー・マウスにもいえること。

おそらく今後も、ミッキーの大きな謎の1つとして登場することはまずないでしょう。というか個人的に出て欲しくないです。

ただ、ミッキーの姉や甥の存在ははっきりしているので、気になる方は以下記事をご覧ください。

記事:ミッキーの姉!?「アメリア・フィールドマウス」を徹底調査!
記事:ミッキーの甥 双子「モーティー」と「フェルディ」 見分け方など詳しく解説!


まとめ

ラット・フィンクは公式にミッキーの父親と認められたキャラクターではありません。ですが、今現在では不良などのアウトローに絶大な支持を受けた人気キャラクターである、ということが分かりました!

筆者も最初、なんだこのキャラクター!?と思いましたが、よくよく見ると、Tシャツとかちょっと欲しいかもと思っています。(笑)


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です