学長ハードスクラブルは、とっても怖い伝説の怖がらせ屋。作中でも、その「非情」ぶりがいかんなく発揮されています。ただ、最後は意外な一面も。

当記事では、『モンスターズ・ユニバーシティ』のハードスクラブル学長について詳しく解説しています。性格や気になる最後など、気になる方はどうぞ寄ってってください。

当記事では、一部ネタバレを含みます。

「ハードスクラブル学長」登場作品や声優は?

(C)2013Disney/Pixar.All Rights Reserves.

「ハードスクラブル学長」は、ディズニー&ピクサー映画『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013)にスクリーンデビューしたドラゴンとムカデを足して割ったようなモンスター。初登場時は、空を飛んで登場。

作中では、本作のタイトルにもなっている大学「モンスターズ・ユニバーシティ」の「学長」として登場します。

声優は、英語版はヘレン・ミレン、日本語吹替版は一柳みる。

性格は非情!?

学長を一言で言い表すのであれば、まさに“鉄仮面女”という言葉がぴったりです。喋り方もそうですが、“非情”ともとれる発言を連発しています。特にマイクに対して、「怖がらせ屋は無理」ときっぱりと言うあたりが、まさにそれです。おそらく大半の生徒が、陰では筆者と同じようなことを述べているはず。

ただ勘違いしてほしくないのは、学長はあくまで事実を客観的に述べているに過ぎません。マイクが怖くないのも事実です。自分の信念に付き従っているとも見えなくもありません。

ある意味では、学長の理想ともとれる姿勢といえるのではないでしょうか。筆者は勘弁ですが…。(笑)


歴代最高の記録をたたき出す!

学長は、過去最高の怖がらせ記録を更新した“レジェンド”。事実上の「最強の怖がらせ屋」です。大学内外でも語り草になっており、その時記録した「怖がらせボンベ」も本編に登場します。このボンベが物語のポイントにも。

結局のところ、学長が学長たる由縁も、この部分によるところが大きいといえます。実力あっての怖がらせ屋ですし、学長ともなるとなおさらです。ただ本編では、学長の怖がらせ場面をみることはできません。うーん残念。

怖がらせ大会の創設者

マイクとサリーも出場することになる大学内の一大イベント「怖がらせ大会」の創設者も学長です。ちなみにマイクとサリーはこのとき「ウーズマカッパ」というサークルに加入しての参加となります。

記事:【モンスターズ・ユニバーシティ】「ウーズマカッパ」を徹底解明!メンバーやその後についてなど

本編では、マイクと学長がある「賭け」をして物語が進みます。果たして賭けの行方は如何に!?


最後はびっくり!?

物語の最期、学長はサリーとマイクに「びっくり」させられます。そして、そのびっくりさせられたことを、サリーとマイク本人に向かって素直に告白。彼らを認めたともとれる発言でしょう。

あと、その他の「ウーズマカッパ」のメンバーたちにはうれしいご褒美も。

なんだかんだで懐の深い学長です。

グッズも!

学長のグッズもいくつか販売されています。特にバンダイのフィギュアは値段も手ごろでおすすめです。

まとめ

とにかく怖いという印象の学長ですが、最後の場面ではもう本当に怖がっています。怖がらせるシーンはなくて、その逆はあるのはどうなの?とも思いますが…。あと、筆者は日本語吹替版を鑑賞したのですが、声優さんの表現力は凄いの一言!


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です