エスメラルダは、ディズニー映画『ノートルダムの鐘』に登場するヒロインです。数あるディズニー映画の中でもその美貌は一際目を引くものがあります。また、彼女は「ジプシー」と呼ばれる民族の1人でもあります。

当記事では、エスメラルダのプロフィールやジプシーの意味など詳しく解説しています。また、東京ディズニーランドのグリーティングキャラクターとして出会えることも判明しています。気になる方はどうぞ寄ってってください。

「エスメラルダ」はディズニー屈指の美女

出典:映画『ノートルダムの鐘 』(1996)

ディズニー映画『ノートルダムの鐘』(1996) において、踊り子「ジプシー」として登場するエスメラルダ。ジャリというヤギも飼っています。デビュー日は、6月21日。

歴代のディズニーキャラクターの中でもエスメラルダは、特に際立った美貌の持ち主だと筆者は断言できます。肌は褐色で黒髪、そして特徴的な緑の目が多くの人を惹きつけます。

性格は活発かつ積極的、そして主人公カジモドの容姿をさげすむことのない優しさも兼ね備えています。一方で、その美貌ゆえに男を惑わし「魔性」の部分も垣間見えます。その魔性の一番の被害者はフロローでしょう。(笑)

作中では彼女を中心として物語が進みます。主人公カジモド、護衛隊長フィーバス、本作のヴィランズとなるクロード・フロローは、エスメラルダに恋をします。いうならば3人の男が1人の女をめぐることを描いた物語こそが『ノートルダムの鐘』です。

ゆえに彼女の美貌は、物語に上でも重要な要素といえます。

原作では悲劇の死を遂げる

最後フィーバスと結ばれる映画とは異なり、原作『ノートルダム・ド・パリ』(1831)においては、エスメラルダは最後悲劇の死を遂げてしまいます。いわゆるバッドエンドとなっており、その他の点でもいくつかの違いが見受けられます。

原作と映画との違いが気になる方は、次の記事をどうぞ!

記事:【ノートルダムの鐘】原作との違いは何?原作はよりシリアスだった

「ジプシー」とは?

エスメラルダは、「ジプシー」という踊り子として登場します。そして、このジプシーという単語は、作中で何度も耳にする言葉です。特にフロロー。

筆者も気になったので、少し辞書引いて調べてみました。

ジプシー〘名〙1.バルカン諸国を中心に、アジア西部からヨーロッパ各地、アフリカ、南北アメリカ、オーストラリアなどに広く分布する民族。10世紀頃、故郷であるインド北西部から西に向かって移動を開始し、15世紀にはヨーロッパ全域に達した。皮膚の色は黄褐色かオリーブ色で、目と髪は黒。馬の売買、鋳掛け、占い、音楽などで生計を営んでいたが、近年は定住するものも多い。その固有の音楽、舞踏はハンガリーやスペインの民族文化に影響を与えた。自称は人間の意のロマ。
2.(比喩的に)住居、職業、学校などを転々とする人。
(便宜上、英数字や記号等はより見やすいものとします。)
出典:日本国語大辞典〔第二版〕(小学館)

『ノートルダムの鐘』に相当するジプシーは、いうまでもなく1.です。エスメラルダもまた世界各地を転々としたジプシー民族の1人というわけです。さらに音楽で生計を営んでいるところも同じです。

ただ辞書では、「皮膚の色は黄褐色かオリーブ色で、目と髪は黒」とありますが、エスメラルダの目の色は「緑」で本来のジプシーとはやや異なります。これはおそらく名前のエスメラルダ(スペイン語でエメラルドを意味する)が由来になっていると考えられ、ディズニー側がよりキャラクターを際立たせるために手を加えたものでしょう。

また、辞書には記載されていませんが、ジプシーには差別的な意味合いも含まれる場合があるのも事実です。ですから、作中でフロローがジプシーと侮蔑を込めて何度となく言っていたのもうなずけます。

ネットだとロマはジプシーのこととありますが、元々は「自称」を意味する言葉みたいです。おそらくこれが派生した結果、ロマはジプシーを指すようになったと考えられます。

このほかにも調べてみると宗教上のことなど様々なことが出てくるので、気になる方は是非調べてみてください。今回はあくまでエスメラルダに関係することだけの説明なので…。


TDLにも登場!

 

View this post on Instagram

 

@iemon_ochaがシェアした投稿


東京ディズニーランドおいてエスメラルダは、フリーグリーティングキャラクターとしても登場します。

グリーティングとは、ディズニーランド&シーのある場所で登場するキャラクターにサインや写真をお願いできる一種のイベントです。フリーグリーティングだと、あらかじめ定められた場所に時間不定でキャラクターが登場するのが特徴。(ただし、夜に登場することはない。)

そして気になるエスメラルダのグリーティング場所は、東京ディズニーランドのエントランス(ワールドバザール)とファンタジーランドとなります。また、冬になると衣装も違います。

美女が大好きな男性の皆さん!ぜひエスメラルダと一緒に写真をとってもらいましょう!一見の価値はあります!

まとめ

エスメラルダは、まさに罪な女です!おそらくこれまでにも多くの男を惑わしています。少なくとも原作ではそういう設定です。通常のジプシーと違い目の色が緑なのも、より魅力を倍増させます。

筆者も今度ディズニーランドでグリーティングしてきます。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です