『ちいさなプリンセス ソフィア はじまりのものがたり』は、ソフィアがどのようにしてプリンセスになったのか?その直後まで描いた作品です。ですから、ソフィアは必ず押さえておくのは言うまでもありませんが、TVシリーズなどで途中から見始めた方も、ぜひ1度見ておいた方がよいでしょう。

当記事では、ここがポイントと思われる『ちいさなプリンセス ソフィア はじまりのものがたり』の見どころを紹介しています。作品が気になった方などは、どうぞ寄ってってください!

ソフィアがプリンセスになった経緯

それ以前はどこにでもいる普通の女の子だったソフィアは、ある日を境にプリンセスに。本作品では、その経緯が冒頭、簡潔ながら描かれています。

ちなみにその経緯ですが、母親のミランダが国王ローランド二世と結婚して、ソフィアがプリンセスになっています。また、結婚する前にミランダは靴職人をしています。

後々、ミランダの元夫、国王の元妻と結構入り込んだ疑問も湧いてくると思いますが、本作品ではその点には触れていないのであしからず。

主要キャラの出会いも!

プリンセスソフィアでお馴染みの妖精たちや学校の子供たちといった主要キャラクターが初登場したのもこの作品。ソフィアを途中から見始めて、そもそも誰?と気になった方は、一旦、「はじまりのものがたり」を見ましょう!

記事:【眠れる森の美女】3人の「妖精」あれこれ TDL情報やトリビアなど


アンバーがやきもち?

ローランド二世には、ジェームズとアンバーといった2人の娘と息子がいて、ソフィアもその一員となります。

特に今回の話では、アンバーがソフィアにやきもちをやいてしまい、そこから話が展開していきます。どうやらアンバーは、後からきた新参者のソフィアに対してあまりいい気分ではないみたいです。

ソフィアとアンバーとの関係がどうなるのか?乞うご期待!

シンデレラが登場!

本作品に登場する妖精もそうですが、プリンセスソフィアには他のディズニーのキャラクター、特にプリンセスが登場します。

そして、第1作目ともいえる本作品で登場する記念すべきキャラクターは、ご存知シンデレラ。さらに言えば、それなりの“ワケ”があってシンデレラが登場します。

ソフィア同様にCGで描かれており、ファンなら感動ものです。映画で見たシンデレラがより綺麗になった登場します!一目みるだけでも十分な価値アリです!

まとめ

『ちいさなプリンセス ソフィア はじまりのものがたり』は、ソフィアがプリンセスになった経緯とその直後を描いた記念すべき作品です。話としては、アンバーのやきもちがポイントとなります。あと、シンデレラの登場にも注目!

何はともあれ、ソフィアについてもっとよく知りたいという方は、まずは1度見てみましょう!


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です