子供料金は、何歳から発生して、何歳までが無料なのか?

当記事では、その年齢の区分や料金の違いなどについて詳しく解説しています。特に無料となる3歳以下の子供に関する注意事項も紹介しているので、気になる方はどうぞ寄ってってください!

4歳以上から料金が発生!その区分は?

東京ディズニーリゾートのパークチケットは、4歳以上から料金が発生し、年齢が上がりにつれその区分も異なります。

区分は、小人411歳(幼児・小学生)、中人1217歳(中学・高校生)、大人18歳以上 、シニア65歳以上に分けられます。

なお、3歳以下の子供に関しては料金が無料になります。

小人に関しては、例え12歳になったとしても小学校であれば、小人扱いとなります。

記事:【Disney】パークチケットの料金は年齢別 小人・中人・大人の区分や年齢確認について

3歳以下は無料!確認が必要の場合も

先にも述べたように3歳以下の子供は、パークを無料で利用できます。

年齢確認は基本的に行われませんが、子供が3歳に見えない場合に限り、キャストが年齢を確認することもあります。

もし、不安なようであれば、医療証など年齢が確認できるものを持っていくのがベターです。


料金の違いは?

小人と一般だと、チケット料金は大きく異なります。

例えば、201911月現在の「1デーパスポート」だと大人¥7,500、中人¥6,500、小人¥4,900と、中人と小人だけでも1,000円以上の差があり、大人だと2, 000円以上にも達します。

ですから、小学生と高校生は入学記念ではなく、卒業記念として東京ディズニーリゾートにいったほうが、断然お得です。

ただし、平日6時以降に利用できる「アフター6パスポート」に限っては、区分関係なく料金が一律になっているので注意!

チケット料金は年々増加傾向にあるので、事前に公式サイトにて確認することをお勧めします。

【公式】東京ディズニーリゾート(パークチケット)

まとめ

3歳以下の子供は無料。ただし、場合によっては年齢確認の必要あり。

子供は4歳以上から「小人」扱いとなり、料金が発生する。

年齢の区分でチケットの料金は1,000以上異なる。

小学生と高校生は、卒業旅行としてディズニーランドにGO


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です