東京ディズニーリゾートの「日付指定券」って何?その疑問お答えするべく、当記事では「日付指定券」について、特にディズニー初心者に向けて、分かりやすくまとめています。日付指定券のメリット・デメリット、さらには日付変更など、気になる方はどうぞ寄ってってください!

「日付指定券」とは?

東京ディズニーリゾートにおける「日付指定券」とは、文字通りパークに行く「日付」を事前に「指定」して利用するチケットです。日付は、入園予定の3ヶ月前から指定可能です。

当然ながら「日付指定券」は、指定日以外にチケットを利用することはできません。反対に「オープン券」は、有効期限内(1年)であればいつでも利用可能です。

ともに値段の違いはないので、目的に合ったものを購入しましょう。

日付指定券は確実に入園可能!

日付指定券の大きなメリットの1つとして、たとえ入場制限がかかっても確実に入園が可能なことがあげられます。オープン券だと入園できなくなり、当日券の販売も中止となります。

特に、混雑しやすい土日、祝日のお昼ごろの入園を考えている方は、日付指定券の購入をおすすめします。

売り切れに注意!

日によっては、日付指定券が売り切れていることがあるので、注意が必要です。

チケットの販売状況は、公式サイト(前売り券(日付指定券)の売り切れについて)にて確認することができます。

特に現地あるいはディズニーストアだと売り切れている場合でも、オンラインの「ディズニーeチケット」でなら購入可能といったことも珍しくありません。気になる方は購入前に確認しておくことをおすすめします。

日付変更が可能

日付指定券で指定した日付は、後で変更が可能です。

変更できる日付は、チケットに記載されている有効期限内かつ3カ月以内の日付に限られ、加えて既にチケットが売れ切れている日への変更もすることができません。

また、パーク窓口で日付変更する場合は、変更手数料として200円掛かってしまうので注意が必要です。かたやディズニーeチケットだと無料で変更することができます。(配送チケットはオンラインの変更は不可。)

何かの都合で、指定日にパークへ入園できなかったときにそなえ、あえてディズニーeチケットで購入するのも1つの手段といえます。

購入方法は?

日付指定券は売り切れさえしていなければ、この購入方法だと購入することができないといったことはありません。現地購入はもちろんのこと、ディズニーストア、ディズニーeチケット、コンビニ、旅行代理店、さらにはJRみどりの窓口での購入も受け付けています。

反対にオープン券は、コンビニやJRみどりの窓口で購入することはできないので注意!

記事:【Disney】JRみどりの窓口でパークチケットを購入しよう!

チケットデザインに注意!

日付指定券をコンビニや旅行代理店で購入する場合には、通常の名刺チケットとはデザインおよびサイズが異なります。特にデザインに関しては、ディズニーキャラクターが描かれていない簡素そのものなので、チケットを思い出として残したい方は気を付けましょう。

まとめ

  • 日付指定券は、入園する日付を指定するチケット。
  • 入場制限がかかっても入園可能。
  • 日によっては既に売り切れで購入できない場合がある。
  • 日付変更が可能。
  • ほぼ全ての購入方法で購入できる。前売り券(日付指定券)の売り切れについて

ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です