ディズニー作品には、作品によって非常にインパクトのあるシーンが用意されています。俗にいう「トラウマシーン」と呼ばれるものです。そして、『アーロと少年』にもそのトラウマなるシーンが存在します。さらにそのシーンが『ダンボ』と重なる部分があることも発見しています。

当記事では、それらを踏まえ『アーロと少年』のトラウマシーンについて詳しく解説しているので、興味のある方はどうぞ寄ってってください。

『アーロと少年』のトラウマシーン

『アーロと少年』(Pixer2015)のトラウマシーンは、アーロと少年のスポットが出会い、その後に落ちていた木の実を食べた瞬間におとずれます。およそ物語の中盤あたりです。

このとき、アーロとスポットは徐々に目がうつろになり、お互いの顔と胴体が入れ替わる幻覚が映像に映し出されます。そして、このとき見せられる幻覚こそが、問題となるトラウマシーンです。

トラウマシーンは、互いの体が入れ替わるだけでも不気味なのに、アーロとスポットの顔もかなり強烈です。スポットはもう麻薬でもしたかのような表情ですし、アーロの顔に至っては目が複数に増えて気持ち悪いです。

原因として考えられるのは、単に酔っただけとみて捉えるが妥当です。落ちていた木の実が腐ってアルコールを含んでいたのでしょう。というよりもそれ以外に考えられません。

筆者は、最初何が起こったんだ?とキョトンとなりましたが、シーンそのものが強烈だったので、今でも脳裏にはっきりと焼き付いています。まして、小さな子供がみたらそれこそ“トラウマ”ものでしょう。ただシーンそのものは短く、そこまで不安になる必要もないのでご安心を。

『ダンボ』のトラウマシーンと同じ!?

ディズニー作品には『アーロと少年』以外にも結構な数のトラウマシーンと呼ばれるシーンがあります。そのなかでも特に『ダンボ』のトラウマシーンは、そこに至るまでの経緯が非常によく似ています。

『ダンボ』といえばご存知、大きな耳を持つゾウ「ダンボ」で有名なディズニーでも特に有名な作品です。2019年には、ティムバートン監督が実写化したことでも話題になりました。

そして、その『ダンボ』に存在するトラウマシーンとは、ダンボと親友ティモシーが誤ってお酒を飲んでしまった幻覚を指しています。

アーロとスポット、ダンボとティモシー、ともに友達と一緒にという点から、モノは違えど“酔って”しまって見た幻覚と、ことの経緯が見事に一致します。さらにそれぞれが“誤って”酔ったという部分も同じです。

ただ、幻覚内容は全く別者になっているので、気になる方はDVD(ダンボ スペシャル・エディション [DVD]などで、実際に1度確認してみるとよいでしょう。

ダンボのトラウマシーンについて気になる方は以下記事をどうぞ。

記事:『ダンボ』のトラウマシーン その深層心理は?ピンクのゾウについても解説


まとめ

『アーロと少年』のトラウマシーンは、時間が短いのがせめてもの救いです。あのシーンがずっと流れるのはかなり抵抗があります。

あと、『アーロと少年』と『ダンボ』は、一見すると全く接点がなさそうに見える作品ですが、トラウマシーンに限っては驚くほど一致する部分があって、単純に面白いなと思いました。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です