『シュガー・ラッシュ』には、チョイ役ながらも「ソニック」が登場しています。セリフもあります!また、登場シーンは1つだけではありません!

当記事では、『シュガー・ラッシュ』におけるソニックの登場シーンやセリフなどについて詳しく説明しています。ソニック他にどこ出てたの!?と気になった方はどうぞ寄ってってください!

ソニックが『シュガー・ラッシュ』に登場!

View this post on Instagram

SEGAさん(@sega)がシェアした投稿


ゲームの世界を舞台としたディズニー映画『シュガー・ラッシュ』(2012)では、実在するゲームキャラクターも数多く登場しています。『ストリートファイター』のリュウやケン、さらにはパックマンなど。

そして、それらのキャラクターに加え、あのセガの人気キャラクター「ソニック」も登場します。青いハリネズミで走るのがとてつもなく速いあいつです。

ただし、ソニックはチョイ役です。というよりは、実在のゲームのキャラはほとんどがチョイ役で、ラルフとの絡みはほとんどありません。

一応、「悪役の会」にいたキャラクターたちに限っては、ラルフとの接点が見受けられます。

「悪役の会」について知りたい方は以下の記事をどうぞ!

〈記事〉【シュガー・ラッシュ】「悪役の会」参加14キャラ総まとめ オリジナルキャラも!?

ソニックのセリフ 声優はズバリ!

ソニックはチョイ役での登場ながらも、セリフはきちんとあります。

ちょうど作中冒頭、ラルフが「悪役の会」から帰ろうとして、「ゲーム・セントラル・ステーション」を通り過ぎるときに置かれている四角いスクリーンに、ソニックの姿を見ることができます。

そこでソニックは、「自分のゲームからでるときは、慎重に行動しよう。何があっても絶対死なないこと。自分のゲームの外で死ぬともう復活できないぞ。そこでゲームオーバーだ。」と注意を促すセリフを述べています。

つまり、自分のゲーム外で死んでしまうと、たとえゲームのキャラクターといえども「死」が待っているというわけです。

また、日本語吹き替え版のソニックの声優を担当したのは金丸淳一です。(英語版だとロジャー・クレイグ・スミス)

金丸さんは、これまでにもソニックを担当している、いわばソニック専属の声優です。わずかなセリフながらも、ソニックの声が金丸さんだったので、感動した方も大勢いたみたいです。


ソニックの登場シーン

元々ソニックは、先のスクリーンの場面のみの登場予定だったみたいですが、制作陣の意向により、登場シーンが追加されています。

ですが、ソニックの登場シーンは、本当にわずかな間です。そのシーンを紹介するので、見逃してしまった方はぜひ探してみてください!(冒頭のスクリーンによる登場は省く)

30周年パーティーの人込み

フェリックスらが、ゲームの30周年をパーティーで祝っている最中にやってきたラルフ。部屋のインターホンに呼ばれて、扉の外の様子をのぞきこんだおじさんは、ラルフがいて大慌て!一度、扉を閉めて周囲に確認する際、映った人込みをよく見ると、あれ?青いキャラクターがいるぞ。

ゲーム・セントラル・ステーション1

別のゲームで念願のメダルを手に入れたラルフだったが、顔にサイバグがついて戦闘機に。そのままゲーム・セントラル・ステーションへ向かうも、暴走した戦闘機はゲーム入り口付近にいたソニックと激突!ソニックからは、大量のリングが出てしまいます。

ちなみに実際のゲームでも、リングはとても大切なもので、ミスを一回帳消しにしてくれます。

ゲーム・セントラル・ステーション2

ラルフを追いかけゲーム・セントラル・ステーションに着いたフェリックスとカルホーン。

カルホーンが、「このゲームセンター自体が完全に、跡片もなく消え失せるまで、サイバグは決して止まらない」と発言しているシーンに、猛スピードで駆け抜けているソニックの姿が。途中、何かのキャラクターと話をしています。

まとめ

ソニックの登場は、ほんのわずかですが、結構凝った演出をしています。ちょっとしたところにも手を抜かないのがディズニーの凄いところです!

あと、続編『シュガー・ラッシュ:オンライン』でもソニックが登場します!


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です