「きつねどん」と「くまどん」は、ディズニーランドの人気アトラクション”スプラッシュ・マウンテン”に登場する意地悪コンビです。主人公のうさぎどんに悪さするので、印象に残っている方もいるでしょう。

当記事では、グリーティングの場所を含め、きつねどんとくまどんについて詳しく説明しています。あの不気味な笑いを気になった方は読むべし!

スプラッシュ・マウンテンに登場「きつねどん」と「くまどん」

 

View this post on Instagram

 

シサさん(@shia__disney)がシェアした投稿


ディズニーランドの人気アトラクション”スプラッシュ・マウンテン”には、主人公「うさぎどん」を筆頭に様々な動物キャラクターが登場します。

そのうさぎどんに意地悪をするキャラクターとして登場するきつねとくまこそが「きつねどん」と「くまどん」です。

また、両者の呼び名は愛称で、きつねどんには「ブレア・フォックス」、くまどんには「ブレア・ベア」という本来の名前があります。

アトラクション佳境に入ると聞こえてくる、二人の不気味な話し声が特に印象的です。

うさぎどんについては、記事「「うさぎどん」で親しまれるブレア・ラビット 登場作品、グリーティングの場所はどこ?」をどうぞ!

スプラッシュ・マウンテンの紹介動画

元ネタは『南部の唄』

スプラッシュ・マウンテンは、1946年に公開されたディズニー映画『南部の唄』を題材にしています。映画は、実写とアニメが一緒になっているのが最大の特徴。

内容は、黒人おじさんリーマスが、白人の少年ジョニーを慰めるために話すおとぎ話が中心となります。そして、そのおとぎ話の中できつねどんとくまどん、うさぎどんといったキャラクターたちが登場します。

そこできつねどんとくまどんはコンビとして登場しており、うさぎどんに意地悪ばかりしています。

例えば、うさぎどんをロープに吊るし上げる罠にはめ、食べようとしています。

スプラッシュ・マウンテンがどういった内容のアトラクションなのかより詳しく知りたい方は、『南部の唄』を1度見てみましょう!

きつねどん(ブレア・フォックス)

きつねどんの愛称で親しまれている「ブレア・フォックス」は、ずる賢いきつねです。くまどんとのコンビでは、作戦を企てる参謀タイプと言えるでしょう。

というより、うさぎどんに意地悪を企てているのはほぼこいつです。

『南部の唄』の日本語吹き替えでは、「ずるぎつね」、「きつねくん」と呼ばれています。

「きつねどん」と呼ばれたのはスプラッシュ・マウンテンが初めて。
最近では、ディズニー映画『ズートピア』で同じきつねのキャラクター「ニック」が登場しましたが、これもまたずる賢いきつねとして描かれていました。

ただ、ニックの方がまだ良心的です。というか普通にいいやつです。きつねどんは普通に斧振りかざしていました。(笑)

ちなみにスプラッシュ・マウンテンにおけるきつねどんの声優は、ドナルドを担当したこともある関時男(せきときお)さんという超のつくベテランです。

くまどん(ブレア・ベア)

くまどんことブレア・ベアは、その見た目どおり力が自慢のちょっぴりまぬけなくまさんです。普段はおっとりしていますが、一度怒ると手が付けられなるほど凶暴になってしまいます。

キレたらきつねどんも吹っ飛ばしていました。ある意味、一番危ないやつ。

『南部の唄』の日本語吹き替えでは、「どんくま」、「くまどん」と呼ばれています。

きつねどんと同じく「くまどん」の呼び名はスプラッシュ・マウンテンが初めて。

ちなみにスプラッシュ・マウンテンのくまどんの声優は、牛山茂さん。こちらもまたくまのプーさんを担当したこともある超ベテランです。

グリーティングで写真やサインをお願い!

 

View this post on Instagram

 

TOONDAYS【KAZUKI】さん(@toondaysjp)がシェアした投稿


ディズニーランド&シーでは、パーク内にいるキャラクターの写真やサインがお願いできます。

これはグリーティングとも呼ばれるもので、きつねどんとくまどんもパーク内に登場します。

グリーティングにもいくつか種類があるのですが、きつねどんとくまどんはフリーグリーティングキャラクターに含まれます。

フリーグリーティングキャラクターは、登場場所は決まっているものの時間や日にちは不定期です。

きつねどんとくまどんは、ディズニーランドのスプラッシュ・マウンテンの出口周辺が出現ポイントとなります。ちなみにうさぎどんも一緒です。

見かけたらぜひ全員一緒になって写真を撮ってもらいましょう!

まとめ

スプラッシュ・マウンテンはディズニーランドでも1.2を争う人気アトラクション。そこに登場するきつねどんとくまどんは気になるのはある意味当然です。

愛称がかわいいからといって騙されてはいけません、かなりの”悪(わる)”です。


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です