子供が誕生して一緒にディズニーランドに連れていきたいんだけど、そういえば東京ディズニーリゾートには何歳から入園できるんだっけ?

当記事ではそんな素朴な疑問に答えるべく、東京ディズニーリゾートの入園できる年齢について詳しく解説しています。気になる方はどうぞ寄ってってください!

年齢制限はなし

東京ディズニーリゾートには何歳から入園可能なのか?

この答えに関しては、公式サイトが端的かつ明瞭に答えてくれています。

大人:18才以上

中人(中学・高校生):1217

小人(幼児・小学生):411

シニア:65才以上

3才以下は無料

参考サイト:【公式】東京ディズニーリゾート「よくあるご質問」

このように、パークに入園そのものに年齢制限はなく、何歳からでも東京ディズニーランドおよびシーに入園することは可能です。

チケットは4歳以上から必要となり、小人、中人、大人、そしてシニアの区分で料金も異なります。

記事:【Disney】パークチケットの料金は年齢別 小人・中人・大人の区分や年齢確認について

アトラクションに身長制限はある

アトラクションに年齢制限は特に決められていませんが、身長が規定に達していないと乗れないものが多く存在します。

身長の区分としては、90㎝以上、102㎝以上、117㎝以上、195cm未満と細かく分けられており、特に小さな子供を連れていくときは事前に乗れるアトラクションを確認した方がよいかもしれません。

ただ、アトラクションによってはたとえ身長制限が設けられてなくとも、特に赤ちゃんの場合、利用を控えるよう指示される場合もあります。

詳細は以下記事にて取り扱っているので、気になる方はご覧ください。

記事:【TDR】身長制限のあるアトラクション丸わかり!一覧や身長を突破すると嬉しい特典など
記事:【TDR】身長制限なしのアトラクション!タイプ別一覧で分かりやすく


子供連れのための便利サービス

パーク内には子供連れにとって助かる便利なサービスが用意されています。子供を連れていくのであれば、要チェック!

迷子シール

子供が万が一迷子になった時のために迷子シールをもらいましょう。子供にシールを貼っておけば、迷子になってもキャストがシールをもとに対応してくれます。

迷子シールは、東京ディズニーランドだと「メインストリート・ハウス」、シーは「ゲストリレーションハウス」にいるキャストから無料で配布されています。

記事:【Disney】子供がパークで迷子に!対策や対処の仕方は?

ベビーセンター

赤ちゃんの食事、おむつの交換、授乳などなど、ベビーセンターは赤ちゃんの世話をするママとパパには大変心強い施設。

東京ディズニーランドには、ワールドバザールの右端とトゥーンタウンの2か所、ディズニーシーだとレンガ造りの緑のテントの入口が目印となるエントランス右奥にあります。

またおむつ替えができるレストルームは、パーク内の至るところに設置されているので、いざというときにも安心です。最悪、場所が分からなければキャストに尋ねましょう。

レンタルベビーカー

パークでは11,000で利用可能なベビーカーのレンタルを行っています。

場所は、東京ディズニーランドだとワールドバザール、シーだとエントランス付近にて用意されています。

ただし、台数に限りがある点には注意。

アトラクション交代サービス(チャイルドスイッチ)

アトラクションの交代サービス(チャイルドスイッチ)は、大人2人以上がアトラクションに乗れていない子供を連れている場合に利用できます。

列に並ぶことなく1人ずつ交代でアトラクションに乗ることができるので、有意義に時間を活用することができます)

記事:【Disney】アトラクションの交代利用(チャイルドスイッチ)が便利!小さな子供連れは必見!

まとめ

  • パーク入園に年齢制限はなし。
  • アトラクションには身長制限がある。
  • 子供連れに便利なサービスが用意されています。

子供連れだと、普段にはないハプニングに見舞われることも多々あるので、サービスのチェックはキチンとしておきましょう!


ぶん文太

去年三十路を迎えたブロガー。彼女の影響を受けてディズニーに感化。いっそ記事にしてしまえと執筆中。スポーツ好きです。(大相撲、ボクシング、陸上など)。趣味は陸上(短距離)と相撲観戦。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です